FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ついに離婚予告発表~友、近所、母、そして子ども達に~

離婚をするにあたって、何が1番憂鬱だったかというと、『離婚しました報告』ではなく、『離婚します予告』でした。

『伝える力』も、少しはついてきたことだし。

まずは、1年に1~2回集まるママ友会で、
「今まで隠してたけど、実は、もうすぐ離婚するんだ」と、カミングアウト。

みんな、ビックリしたようだったけど、そこは、山あり谷ありの人生を歩んできた強者(つわもの)ママ達、逆境を笑いに変えてくれました!

回り回って、子どもの耳に入ったら・・・とビクついていたけれど、もっと、早く言えばよかった~

次に、パン粉や卵を時々借りに行くご近所さん。

1度話を聞いてもらったことがあったので、我が家でお茶をしながら、離婚予告プラス「やっぱり、引っ越し前日には、ご近所に挨拶せんといけんよね~」と相談

そして、田舎の母。

お正月に元夫が広島に帰って来なかったので変だと思ったらしく、お姑さんに年賀挨拶の電話を掛け、秘かに探りを入れてたんです。

その時、元夫が実家で過ごしていると知り、数日間は悶々としてたみたいなんですが、どうなってるのかと私に電話が掛かってきました。

ついに言わなくちゃいけない時が来たなと観念し、急遽、田舎に帰り、7年間のこと、従兄弟たちが協力してくれることを打ち明けました。

ひと通り話を聞いた母が一言。
「ちくしょう、こんなに苦労させて・・・」

ちょっと、泣きそうになりましたが、母の前で1度も泣いたことのない私。
「いい勉強になったよ・・・」と返しました。

そして、そして、子ども達。

長男に話したのが、なんと、1年前の今日!(いいこと手帳により判明)

奨学金の申請で、父親が解雇になり金銭的に苦しいことは知っていたけれど、まさか自分の親が離婚するなんて、青天の霹靂だったと思います。

なぜなら、私達は、子どもの前で喧嘩したこともなかったし、私が元夫の悪口を1度も言ったこともなかったし、よくメールしあってると思ってたはずだからです。

それに、子どもの頃って、自分の家の中のことが標準だと思い込んでるものです。

だから、父親が滅多に家に帰らないのも、単身赴任で仕事が忙しければ、そんなもんなんだろうと思ってたのではないか、と思います。

次男には、受験が終わり、春休みになってから話しました。
彼のほうが、私のそばにいたので、【それで最近の母ちゃんは不穏な動きをしてたのか】と、納得したかも。

子ども達の反応は、離婚をやめてくれ!とか、なぜこうなったのか!?と、食い下がることもなく、そ、そうなんだ~って感じでした。

一応、メインの理由としては、『お父さんは、多額の借金を抱え、このまま一緒にいることが難しい』にしました。

そして、「奈良のおじちゃん(兄)も、東京のおじちゃん(従兄弟たち)もいるから大丈夫だよ」と、付け加えました。


line04.gif


周りの人、母、そして子ども達にオープンにしたことで、心が風船のように軽くなりました

悩みを隠すために、こそこそしたり嘘をついたりすることが、こんなに重くのしかかってたなんて・・・

オープンにしたことで、みんなが助けてくれる、力になってくれる。
なんて、ありがたいんだろう・・・

そして、弱い自分をさらけ出すことで、かえって、胸を張って堂々と進めるようになりました

時には、オープンにすることで悩みが解決することもあるかもしれませんし、思いがけず、青い鳥が来てくれるかもしれません。

時と場合に寄りますが、『臭いものに蓋』をすると・・・想像しただけで

オープンハートって素晴らしい




もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』『拍手』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【 2015/03/11 (Wed) 】 学ぶ | TB(-) | CM(6)
すばらしい♬
お子さんたちが分かってくださって本当に良かったわ。
それもこれも、りたさんの日々の努力だわ。
やはり、悪いことを言わなかったのが良かったね!
【 2015/03/12 】 編集
Re: すばらしい♬
ありがとうございます。

そうですね。
自分が発信したことは、やがて自分に返って来るし、子ども達も自分の父親の悪口なんて、聞きたくないですもんね。

全然、連絡は来ないみたいだけど、子ども達は父ちゃんのこと、好きなんです。それでよかったと思ってます。
【 2015/03/12 】 編集
No title
これからはりりたさんひとりで悩みを抱えこまないでくださいね〜お子さん方、相談されたり頼られたりすると絶対うれしいのではないでしょうか。辛いことも楽しいことも分かち合えるのが家族ですものね。
【 2015/03/13 】 編集
Re: No title
『子どもに相談する』
今まで考えてもみませんでした!
そうですね。
もう24と16ですもんね・・・
なんか今まで、臭いものを見せないように見せないようにしてました。
これから、もっともっとオープンハートして、時には頼ってみようかな♪
ホントに、辛いことも楽しいことも分かち合うのが家族ですよね!
当たり前のことなのに目うろこでした。

いつも、ありがとう、ちち子さん
【 2015/03/13 】 編集
No title
お母様の前では涙を見せない、夫の悪口は言わない、って素晴らしい。
ひとりで頑張ってこられたんですね。
ほんとオープンハートって心が軽くなりますよね。
【 2015/03/13 】 編集
Re: No title
コメントありがとうございます!

今となっては、もっと早く周りにSOSを発信した方がしんどくなかったかなと思いますが、母に心配かけたくないとか、子どもに知られないようにとか、その方が気になって、できませんでした。

私自身の見栄とか変なプライドも邪魔してましたね。

でも、オープンハートの快適さを経験すると、こっちが断然いい!
隠し事なく、裏表なく生きるって、1番楽ですね。






【 2015/03/14 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する