FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

もう1度読みたいという“念”だけで半世紀ぶりに出逢えた本

今月は2連休が3回あります!(奇跡のよう!)
1月1日2日と、あと有給消化が2回。

2連休っていいね!
1日目にフル回転で用事を済ませ、2日目はのんびり~

のはずなんですが、そうもいかないんですよね・・・

会社からの宿題があり、
毎年1月締め切りの作文と
不定期の読書感想文が重なってしまったんです。

嫌なことは早く済ませなくちゃと思い今日頑張って書き上げました。
最後の有給消化だったのにー(T_T)

それでも、いつもの月よりゆっくりする時間があったので、
先日、久しぶりに中古本コーナーを覗いて3冊購入しました。

今、中國新聞に宮部みゆきさんの
『三島屋変調百物語~よって件のごとし』が連載されてて毎日楽しみにしてます。

あまりミステリーを読んでこなかったので、
1冊は、同じく宮部さんの『火車』にしました。

2冊目は、小川洋子さんの『ブラフマンの埋葬』
これは、ずっと前、たしか新聞の推薦本か何かで紹介されてて、
いつか読みたいと思い手帳に書きこんだ記憶がありました。

そして3冊目は、児童書です。
今回は時間があったので絵本コーナーもじっくり見ました。

私は子どもの頃から高校性くらいまで、本を読まない子でした。
その数少ない既読本の中で、もう1度読み返したいとずっと思っていた本があります。
実家にはなかったから、滅多に行かない図書室でたまたま借りたのでしょう。

小学生の頃、雑誌の付録で紙製の着せ替え人形がありました。
もちろん洋服も何枚か付いているんですが、それだけでは物足らず、
こんな服を着たいな~なんて想像しながらオリジナルのデザインを白い紙に書き、色を塗って、切り取り、
付録の人形に着せて遊んでいました。

だから、本の題名だけで選んだのではないかと思います。
『100枚のきもの』
(今は、時代に合わせて『100枚のドレス』に改訂されています)

amazonでも検索はしてましたが、絵本や児童書は中古でも結構高いので、自分のために買うのは後ろめたさがあり・・・

半世紀ぶりにその本に出逢えて、これこそ本当に奇跡のよう!しかも半額!
やっぱり、“念”って凄いですね!
『雨垂れ石を穿つ』って感じ?ちゃうか!





もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村

スポンサーサイト



【 2021/01/19 (Tue) 】 琴線本 | TB(-) | CM(12)
こんばんは。

私は作文を書くのが一番嫌いです。
この本を読んだ事のない先生に伝える文章が長く描いたせいか、これは作文でないあらすじだって言われました。
1冊に3枚もある原稿用紙になんて書けばよいのか分からないです。
本より原作だれだれって言う2時間ドラマにした方が頭の中に入ります。
【 2021/01/20 】 編集
100枚の着物って気になるタイトルですね。巡り会えてよかったですね。

私は、子供の頃から20代まで、本を読みまくって過ごしました。
これからは、見て綺麗だなあ~と思う古本を集めたいなあと思ってます。
古本を買って楽しむのって、とてもコスパのいい楽しみだと思います。
【 2021/01/21 】 編集
百まいのきもの
こんにちは~。

百まいのきもの、私も好きでした!

ワンダの描いた色鮮やかな絵の印象で、明るいイメージだったけど、今読み返してみるとけっこうつらい話ですよね。

久しぶりに読んでみられていかがでしたか?りりたさんの感想聞きたいです。
【 2021/01/21 】 編集
読書感想文って小学校のころ嫌だったですね~ 今でも苦手です。会社生活時代そう言えば二~三度ありました。最初にあとがきとか解説を読んで書いてました。
【 2021/01/21 】 編集
こんにちは😃
読書感想文、めっちゃ苦手でした。今思えばどうやって乗り切ってたんだか…映画の感想なら言えるけど、本はなぜかハードルが高いです😱
【 2021/01/21 】 編集
Re: タイトルなし
シナモンさん

私も作文や感想文は大嫌いでした。
修学旅行の作文で、駅名に疑問を持ったことを書いたら先生に怒られたし。
みんな似たような経験があるんですね(^_^;)
【 2021/01/22 】 編集
Re: タイトルなし
ぱあるさん

やっぱり、若い頃にしっかり本を読まれている人は、文章力、読解力、思考力などが違いますね。
何で子どもの頃にもっと本を読まなかったんだろうと後悔しています。

見て綺麗だな~と思う古本って、どんなものなんでしょう?
美しい挿絵や写真が載ってたり、表装が美しかったりかな?
本としても、美術品としても堪能できて、
なおかつ、この本はどんな人が手に取ったんだろうなんて想像が広がって、
何重にも楽しめそうですね!
【 2021/01/22 】 編集
Re: 百まいのきもの
ぢょんでんばあさん

さすが!すぐ読み返されたということは、お手元に持っていらっしゃったのですか?

私が覚えていたのは、
ワンダが100枚のドレスを持ってるとウソをついた
それはウソではなく100枚のデザイン画だった
しかも、友達ひとりひとりを想定して描いたものだった!
でした。
ペギーやマデラインの存在やお父さんの手紙、最後のワンダの手紙は全く覚えてなかったです。

小学生の頃、たまたまこの本を読んで、幼稚園の時の同じクラスの子のことを思い出したんです。
私は小1の時に転校したので顔も名前も覚えてないのですが、
その子はあまり遊びの輪の中に入れてもらえないような子でした。

幼稚園の壁に貼りだされた彼女の絵は、深緑色のクレヨンが大胆に力強く塗ってあって、とても目立ってました。
もしかしたら、あの子もワンダみたいに家で素敵な絵を描いてるんじゃないかって本を読みながら想像したんです。

今回、読み直してみて、とても深い内容だったんだなと気づきました。
今の時代に照らし合わすとイジメ?と思えるような内容ですが、
ワンダは嬉しかったんじゃないかな、ドレスのことをからかわれたとは思ってなかったんじゃないかな、
って思ったんです。
だって、ワンダは本物の布で出来たドレスを100枚持ってるなんてひと言も言ってません。
ワンダにとって、100枚のドレスが戸棚の中にあるのは真実です。
だから、自慢のドレスのことで友達から話しかけらることが嬉しかったんじゃないかって。

いろんなテーマが詰まってて、読み返すたびに考えさせられるいい本ですね。
再会出来てよかったです!しかも半額!(←ここ大事(^_^;))








小学生の時に
【 2021/01/22 】 編集
Re: タイトルなし
Dさん

読書感想文って、夏休みの楽しみを半減させるくらいの威圧感がありましたよね。
それが、60越えても書かなきゃいけないなんて(T_T)
しかも時給なし!
3倍欲しいわ!
【 2021/01/22 】 編集
Re: タイトルなし
自遊自足さん

私も大嫌いでした。
だから、子ども達が苦労しないよう干渉し過ぎて、『読書感想文大嫌い2世』を作ってしまいました。

これからも会社から感想文の宿題が出ると思いますが、これって因果応報?
【 2021/01/23 】 編集
ちち子です

りりたさんこんばんは。
素敵な出会いがあってよかったですね〜
着せ替え人形、私も箱いっはい作りましたよ。
今の子たちはやらないけど、スゴく夢がつまっていました。
【 2021/01/25 】 編集
Re: タイトルなし
このお話に込められた作者のメッセージ、
この年で読み返したからこそ多くの気づきがありました。
岩波少年文庫を読んでみたいです。

ちち子さんもオリジナルの洋服とか作られてたんですね!
今はないんでしょうか?
【 2021/02/01 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する