FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

『なぜ君たちの両親が離婚したか』を話しておこう

前々から、いつか息子達に話しておこう、話しておかなくてはいけないと決めていたことがありました。
それは、『なぜ君たちの両親が離婚したか』ということです。

今まで子ども達には、
「お父さんは借金がいっぱいあって、もうこれ以上一緒に居られないから離婚する」と1度だけ説明しました。

そんなひと言で納得できる訳ないし、かと言って、その話題に触れるのはマズいんじゃないかと遠慮してるはず。
なので、「次男も二十歳になったことだし、ちゃんと話しておく」と切り出しました。




大雑把にまとめると・・・


交際中、お母さんと何から何まで相性がピッタリ!と思った事が、結婚後次々と嘘だと判ったこと。
結婚後1年くらいして、独身時代からの借金500万が発覚したこと。
それでも、ゴルフ、サッカー、野球、ギャンブル、飲み会に興じていたこと。

結婚生活前半は浮き足立っていたけれど、次男が生まれた頃から小康状態になったこと。

けれど、単身赴任して1年後、突然「別れてほしい」と言われたこと。
お母さんは身体も弱いしパニック障害もあったので、途方に暮れて毎日泣いていたこと。
家に帰らなくなったお父さんに「せめて誕生日だけでも子ども達に電話をしてくれ」と頼んだけどメール1本なかったこと。

その2年後、お父さんが退職。
「会社の責任を取って辞めた」と言ったけど、実は流用まがいの事をして解雇されたこと。
その頃、浮気相手とも別れたらしいこと。

再就職した会社で浄水器を売る仕事を始めたけど、アメリカでトラブり、お父さん個人と会社が訴えられたこと。
会社の法人クレカをひと月で100万使ったこと。

借金の督促状や督促電話が来て怖かったこと。

離婚話の中で「家を売ったお金を次男の教育資金に充てたい」と言ったら承諾してくれたけど、そのお金が欲しいがために、次男を引き取り全寮制の高校に入れようと企てていたこと。

離婚後、「家を売ったお金はりりたに全部取られた」と、おばあちゃん(元夫の母)に嘘をつき、実家のお金を根こそぎ持ってフィリピンに行ったきり音沙汰がないこと。
離婚1か月後にはお母さんに、1年後には長男に、お金の無心をしてきたこと。




これでもか!というくらい辛辣に息子達が知らなかったことを伝えました。
聞いた直後より、今頃じわじわと来ているのではないかと思います。

子どもにとっては血を分けた父親。
嫌いなはずがありません。
楽しかった思い出もいっぱいあります。

でも、もし、
父親の遺体を引き取ってくれとか、
借金を返してくれという連絡が来たら・・・

その事を考えると、ちゃんと事実を伝えておきたかったのです。
そして、子ども達に迷惑がかからないよう対策を立てなくては!







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村










スポンサーサイト



【 2019/01/08 (Tue) 】 別れる | TB(-) | CM(8)
No title
りりたさん、正解です・・
特に海外とかへ行ったりしてたら、どんな状態なのか全く不明だし
子供達に後で振りかかる事があったりすると困りますよねぇ~
防御ネット張っておくのは決して悪い事ではないですよぉ~

でも読みましたけど、次から次へとあまりに多過ぎ~
覚えられないくらい色々とありますねぇ~
そんな人、別れて大正解ですよ・・
今のりりたさんは幸せに見えますもん(^^♪
でも子供達に話す勇気、よく頑張りましたねぇ~
お疲れさまでした・・
【 2019/01/09 】 編集
No title
色々あったんですね~信じられないくらいに。それでもリリたさん頑張って凄いですね。私は尊敬します。私がもしそう言う立場だったらくじけてたでしょうからね
【 2019/01/10 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2019/01/10 】 編集
Re: No title
リン子さん

子ども達と直接接する時は、ひどい父親ではありませんでした。
子ど達にとっては、ごく普通のお父さんです。

だからといって情に流されると、子ども達が大変なことに巻き込まれる可能性大です。
まずは事実を話しておく、ここからがスタートです。

今回話すことが出来て、なんだかほっとしました。
【 2019/01/12 】 編集
Re: No title
自遊自足さん

こうして羅列すると、いろいろありましたね~
でも、辛かったことは覚えてますが、どう辛かったかは忘れつつあります。
それでいいですよね!
私が越えられたのは、本当に周りの皆さんに助けていただいたからです。
それは一生忘れません!
【 2019/01/12 】 編集
Re: No title
ぱあるさん

1番は、子ども達に迷惑をかけないようにするには、まず真実を伝えることが大前提になります。
出来れば、父親を見捨てるくらいの覚悟を持ってもらいたいと言うのが本音です。

次に、私自身、両親が正式に籍を入れてません。
その辺の事情を中学生の時、父が5分くらいで話してくれましたが、未だに納得できてません。

母に訊いたところで、やはり自分に都合のいいような答えしか返って来ないような気がします。
一生真実を知ることはできないでしょう。

なので、子ども達に同じようなモヤモヤした思いをさせたくありませんでした。

話した後、ほっとしました。

【 2019/01/12 】 編集
No title
りりたさん、息子さんたちにほんとうのこと話せてよかったですね。
たとえ聞くに耐えない話でも、真実を知るというこは良いことだと思います。
いろんな意味で、またさらに前進!ですね〜

元ダンナにも言えることだけど、自分のことだけかわいがってた人は
子どもたちを放っておいた制裁、これから受けるんだと思いますよ。


【 2019/01/19 】 編集
Re: No title
ちち子さん

風邪、大丈夫ですか?
体調がすぐれないのにコメントありがとうございます!

私自身も両親が正式に籍を入れてなくて、中学生の時、その事情を父が5分くらいで話してくれましたが、未だにモヤモヤしてます。
そんな中途半端なものを抱えさせたくないですからね。

でも、何だか事実を共有したことにより、絆が深まったような気がします(私だけ?)

「自分のことだけ可愛がる」
よく解ります。

制裁はすでに受けてると思うんですが、それを全て自分以外のせいにするから、一生大切なことに気づかないでしょうね。
【 2019/01/20 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する