FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

出逢うべき人には必ず出逢えてる

同じS社で働くIさんから、『娘たちのスポーツ支援をS社に頼んでみたい』という相談を受けたのが2か月前。
Iさんの娘さん達は、年間何百万もかかるスポーツに励んでます。

本社のN部長に、誰を通して話を進めればいいか相談したところ、「私が力になる」と言っていただきました。

その後も、N部長に娘さん達の資料を渡したり、Iさんに他の同年代の選手はどのような形で支援を受けてるか調べてもらったり、地道に動いてました。

そして、昨日、N部長からLineが届きました!

こちらの希望としては、 S社がスポンサーになってほしい  ①がダメなら寄付を募りたい
というものでしたが、結果は・・・


個人のスポンサーになるのは難しいとのことでした(団体では、地元チームのスポンサーになってるらしい)。

ですが、「全社的に寄付を募りましょう!」と、会長から承認が貰えました\(~o~)/

『ついては、毎月、本社で経営会議があるので、その時、Iさん自身か、りりたさん(発起人)が直接経営陣に話してもらえば、より一層効果があると思う』と、N部長のアドバイスがありました。

早速、Iさんと相談。

「ひとりで行って人前で話すっていうのは・・・あの~りりたさん、できたら一緒に行ってもらえませんか~」

もちろんだよ!
そりゃそうだ!
お偉いさん(課長クラス以上)の前で、いきなり話すなんて心細いよね~

6月の経営会議日は、すでにお互い埋まっているので、7月に行くことにしました!

いよいよ、本社に殴り込む乗り込むぞー





≪Iさんとの出逢い≫

Iさんと出逢ったのは2年前。
急にスタッフが辞めてしまったG店のヘルプに、ふたりで入りました。

辞められたスタッフさん、『喘息』が退職理由と聞いて、
「私が3年通ってるとこで、いろんな病気や痛みの症状を緩和する所があるから、ぜひ、その人に教えたい」と話しました。

するとIさんが、
「実は私、膠原病なんです。そこに行ってみたい!連れてってもらえませんか?」と言いました。

膠原病は進行性の難病です。
その日、仕事が終わってから一緒に行きました。(偶然にも、G店から徒歩3分という近さだったのも驚きです!)

その後、ほとんど進行することなく、今も元気に働いておられます。
Iさんのご両親も娘さん達も通われ始め、私と母は毎日のように通っているので、Iさん一家と知り合いになりました。


≪N部長との出逢い≫

S社に入社して、時々研修で営業所に行くと、やたらキレイでニコニコしてて仕事のできる女性がいました。
N課長です。

その後、部長に昇進。
広島営業所から山口本社まで通勤されてます。

去年、N部長直々に社内報の取材を受けました。
S社で、いろんなことを学ばせてもらった話をするには、個人的な経緯なしには語れないので、離婚の事もお話ししました。

今まで遠くから見るだけの存在だったのに、その後、取材のお礼と言ってランチをごちそうになったりLineを交換したり。
嬉しい限りです。

S社との出逢い、N部長との出逢い、Iさんとの出逢いだけではありません。
今までにも不思議なほど、出逢いと出来事が繋がったり、出逢いと出逢いが繋がったりが度々あります。

無駄な出逢いって、ひとつもないんですね。

私の人生、出逢うべき人には必ず出逢えてる。
60年生きてきて、そう思います。







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村


スポンサーサイト



【 2018/06/06 (Wed) 】 出逢い | TB(-) | CM(4)
No title
色んな人とのつながりが有るんですね~ ある意味うらやましいな~
【 2018/06/07 】 編集
Re: No title
自遊自足さん

出逢いの数は多くありませんが、密度が濃いような気がします。

自遊自足さんは、素敵な伴侶とめぐり会われたではないですか!?
それが1番ですよ!
私は、そこがダメでしたから(^_^;)
【 2018/06/07 】 編集
No title
情けは人の為ならずって言葉がありますが、りりたさんの行動は、りりたさんの将来を明るく照らすのでしょうね。私も見習いたいです。

アラウンド同世代のブログを色々読んでますが、こんなに具体的に「誰かのために何かをやっている人」は、ほとんど見たことないような気がします。
ゆとりたっぷりでも、気にするのは、自分や家族の事ばかり・・って人が、ほとんどですからね。(もちろん私も・・)
【 2018/06/08 】 編集
Re: No title
ぱあるさん

<ゆとりたっぷりでも、気にするのは、自分や家族の事ばかり

私も、離婚前の専業主婦の頃はそうでした。
本来のお節介と、ここ10年、いろんな事があって変わってきたように思います。

ぱあるさんに褒めてもらうと特に嬉しいです!

【 2018/06/09 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する