FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

元お姑さんからの手紙に泣けた(T_T)

20年前、同居していた長男が離婚。
お嫁さんに孫娘を渡さず、自分たちで育てることにしました。

そのうち、長男は職場を変え、家を出て、ひとり暮らしを始めました。
娘は私たちに任せて。

ひとりになった長男は借金を作り、私に泣きついて来ました。
私たち夫婦は、必死で尻拭いをしました。
でも、長男は心を入れ替えることなく、やがて自己破産しました。

そして、縁あって再婚しましたが、数年後に離婚。
60になろうかというのに、今もひとり暮らしです。

そんな長男ですので、孫娘の生活費を私たちに渡すことはありませんでした。

主人が生きてる頃は、それでも、何とかなったんですが、孫娘が専門学校に通っている時、他界しました。

残された私は、途中から年金を納め出したので、何とか食べていけるほどしかもらってません。
なのに、長男は、娘の専門学校(医療系)の授業料も知らんぷり。
毎回、あちこちからお金をかき集め、どうにか卒業させました。

その孫娘も、国家試験に落ち一浪したり、私の財布からお金を抜き取ったり、勝手に口座からお金を払いだしたり。
Amazonから箱は届くし、何か言えば食ってかかるし。
就職はしましたが、時々お金を貸してくれと言います。

そして、信頼していた次男が突然離婚したいと言い出しました。
あの子だけは、ちゃんとしてる、いいとこに勤め、家も建て、安心していたのに。

それから2年後、会社を首になり、何をしてるかわからないような会社で働くようになりましたが、お給料もまともに払ってもらえなかったみたいです。
やっぱり、あちこち借金を作りました。

それまで、年に2.3回は家族で帰省していたのに、ぱったり帰らなくなりました。
でも、お金の無心は度々で、私も可哀そうに思い、その都度送金しました。

離婚したいと言い出してから7年後、とうとう別れてしまい、家に寄った時、「フィリピンで事業を始めるから、まとまったお金を貸してくれ」と言われ、私の葬式代を渡しました。

あれから3年半、何の音沙汰もありません。
生きてるやら死んでるやら。

長男の借金、
孫娘の授業料、
次男の無心。
なにもかもなくなりました。
みんな私がいけないんです。
私の育て方が悪かったんです。






これが、元お姑さんの20年間です。
私なら耐えられない。心がぐちゃぐちゃになりそう。

孫娘を育ててる様子を見ても、愛情を持って、かつ厳しく育てておられました。
私は、決して育て方ではないと思うのです。
目に見えない血脈があるような・・・

先日、カープ感謝祭で買ったストールを贈りました。
ちょうど、お誕生日だったし。

そうしたら、お米や野菜を送ってくださり、中に手紙が入ってました。

『私の誕生日を思ってくれるなんて、うれしくて涙がとまりません~中略~いつか私が仏様になっても貴女を守ります』

仏様になっても私を守ってくれる!?
ここまで言い切ってくださるなんて!
私こそ嬉しくて胸が震えました。

たったストール1枚で、こんなにも喜んでくださるということは・・・
最も愛されて育ててもらった3人は何をしてるんだ!
おふくろが、おばあちゃんがいなけりゃ、あんたたち、路頭に迷ってるんだからね!
恩返ししなさいよ!バカたれが!です。


とりライン


お金はなくてもどうにか生きていけるね!
 明日は洋裁教室があるから、また友達とバカ言ってくるわ!

そうですよ!
 人生最後はお金じゃありません!
 最後は人と人とのつながりです!
 友達こそ財産ですよ!

私たち、最後はいつもこんなふうに明るく終わるんです。
ああ、やっぱり私はお姑さんの事好きだな~






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村
スポンサーサイト



【 2017/11/20 (Mon) 】 | TB(-) | CM(10)
No title
姑さんと連絡をとってるりりたさんは偉いです。
りりたさんの息子さんたちが、立派に育ってるので、それでお姑さんも幸せだと思います。

しかし、孫を育てるってすごいですね。私には、もう子供を育てるパワーなんてありませんわ。
【 2017/11/21 】 編集
No title
お母さん、子どもたちに翻弄される壮絶な人生でしたね。

そして、人として、いつも正しい道を貫き通しました。
だからこそ、りりたさんというおヨメさんに
出会え、ずーっと親子としての関係が続いているのでしょうね。

【 2017/11/21 】 編集
No title
元お姑さんうれしくて涙が止まりませんよ~。私もリリタさん凄いな~って思います。
【 2017/11/22 】 編集
No title
りりたさんの優しさ・・お姑さんの心に突き刺さってますねぇ・・
言うは簡単でもなかなか出来る事ではないです。
お姑さんは、そんな境遇でりりたさんの優しい気持ちだけが心の
よりどころだったんでしょうね、きっと・・

それにしても、よくもそこまで親、祖母を身勝手にできますよね・・
おぞましいです・・
自分は実家を出てから親にお金の事でお願いした事がないので
それを普通にやってる子や孫達が怖いです・・
一生そんな人間なのかしらね・・
【 2017/11/22 】 編集
Re: No title
ぱあるさん

凄い人生ですよね・・・
それも、お舅さんが亡くなられてからのほうが問題が目白押し。
人生後半での逆境は辛いです。

81歳の今も内職されてて、子ども達にお年玉や入学祝を贈ってくださいます。
なので、子どもに、お金の重みの違いを話してから渡します。
【 2017/11/23 】 編集
Re: No title
ちち子さん

とにかく器の大きい人です。
そこが、かえっていけないんでしょうね。
3人は、「最後は、おふくろ(おばあちゃん)が何とかしてくれる」と甘えてるんです。

家の前の海を見て、
「海の向こうには私より不幸な人がいっぱいいると思うんよ。私なんか、家もあるしご飯も食べれてるんだからいい方だ思わんといけんね」と言われます。

とにかく最後は前向きな言葉。
頭が下がります。

私たち、前世で絶対縁があったんだと思います。

【 2017/11/23 】 編集
Re: No title
自遊自足さん

ありがとうございます。

普通、離婚したら、我が子が可愛いに決まってるから、嫁の事を悪く思うじゃないですか。

初めこそ誤解があって、冷たくされたこともあったけど、私の言葉に耳を傾け、それを信じてくださり、両者のいう事を聞かんといけんかったと謝ってくださいました。
それこそ凄くないですか!?

本当にリスペクトです。


【 2017/11/23 】 編集
Re: No title
リン子さん

心のよりどころ…そうだと思います。

以前も下着や洋服を贈ったら、「下着も古くなったから欲しかったけど、まだ着れると思って買ってない。誰が買ってくれるか。誰も私のためにハンカチ1枚も買ってくれん。あんたしかおらん」
と言ってくださいました。

孫娘は去年結婚し家を出たんですが、年末に赤ちゃんが生まれるのを機に、家族3人おばあちゃんちで同居したいと言ってきたそうです。
はたしてうまくいくのか、また、おばあちゃんに甘えるんじゃないか、私は心配です。
【 2017/11/23 】 編集
No title
りりたさん、今晩は☆

御姑さんがりりたさんを心から愛して(大切に)いらっしゃる
お気持ちが、私にもひしひしと伝わってきます☆

人が生きていく上で何が一番大切なのかは、人それぞれに
違うのだと思いますが、真心という愛は、決して消えることが
ないのですよね☆

りりたさんは、何をする時も・何を考える時でも・
人としての一番大切な真心がことを動かしていってるよう
な気がします☆

りりたさんが贈って差し上げたストールの温もりが、
私の心にも温かく広がってきました☆

寒くなってきましたから、風邪をひかないようになさって下さいね☆

【 2017/11/24 】 編集
Re: No title
さくらさん

いつも温かいコメントありがとうございます。

お姑さんと私は相性がいいのでしょうね。
相性がいい人とは、自分の持ってる真心を最大限に引き出してくれる相手の事だと思います。
私にとって、お姑さんは、しあわせになってもらいたい、優しくしたい、そう思わずにはいられない存在です。

実母にも、同じように優しく出来たらいいんですが、昔から相性が悪く・・・
母の言動にいちいちイラつく自分がいます。

さくらさんのお子さんのようになりたいです!

【 2017/11/26 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する