FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

整理収納アドバイザー誕生秘話?

始まりは、たぶん、立ち話だったと思います。

Tちゃんは、女の子ふたり、うちは男の子ふたり、学年も違うので、近所だけれど、出会っても二言三言交わすぐらいでした。

ある日、なんの拍子で、そういう話題になったのか、記憶が定かではありませんが、Tちゃんが、「片付けが苦手で家が凄いことになってる」というのです。

「私は押入れの整理が大好きなんよ~片づけ手伝おうか?」と言ったら、即答だったかどうかは忘れましたが、じゃあ、お願いということになりました。

そして、週に1回、3カ月かけて、4DK+納戸の整理収納をさせてもらいました。

最初に食器棚をしたんですが、棚の奥から、上品な食器類が出るわ出るわ。
でも、いつも使ってるのは、手前の粗品だというのです。

同じような食器や食器以外のものも、ぎゅうぎゅうに詰め込まれ、しまいきれないものが、カウンターや出窓や流し台を占領してます。

お米と米びつと精米機がバラバラに配置されてたり、ゴミ袋が隣の部屋にあったり、ずいぶん非効率的な動線のように見えました。

まずは、モノを減らしたほうがいいよとか、一緒に使うものは近くに置いたほうがいいよとか、いろんなお喋りを混ぜながら、毎週木曜日の午前中に行き、お昼は、料理上手なTちゃんのヘルシーランチをごちそうになり、全ての部屋を片付けさせてもらいました。

Tちゃんって、偉いな~って思うんです。

だって、普通、自分の家を全て見せるって、ヌードになるくらい恥ずかしい もんです。
みんな、そこを躊躇されるんです。

もちろん、彼女だって羞恥心はあったのですが、彼女自身もいろんな問題を抱えており、何かを変えたかったんじゃないでしょうか。

お互い、もがいていたので、引きあったのかもしれません。

家に帰っても、次、Tちゃんちに行ったら、あの部屋をこうして、押入れをああしてと、結婚以来、初めてワクワクしてる自分に気がつきました。

その時だけは、全ての不安を忘れることが出来ました。

私は、今まで、ママさんバレーや、トールペイント、バレエストレッチ、フラワーアレンジメント、エアロビ、いろんなことを誘われるままやってきましたが、自分からやりたい!って思ったことがないんです。

だから、私って、行動的に見えるけど、実は好奇心もなけりゃ、何の取り柄もない、“見かけ倒し女”だと、秘かに卑下してたんです。

でも、整理収納は、考えてるだけでワクワクし、実際作業してても、Tちゃんは慣れない事だから疲れる~というけれど、私は全然疲れないのです。

あぁ、私ってこんなことが好きだったんだ、ということに初めて気づかせてもらいました

そして、『整理収納アドバイザー』という資格があることを知り、すでに、モノレールに乗れるようになっていたので、早速2級を取り、翌年、1級も取得しました。

押入れの整理が好きっていうことが、資格に繋がるなんて思ってもみませんでしたし、乗り物に乗る訓練をしてたことも役立ちました。

そして、その後もTちゃんとは仲良くさせてもらい、だんだん、お互いが抱えてる問題を打ち明けるようになり、相談し合い、励まし合い、助け合い、今日に至ってます。

だいたい、片付けの苦手な人って、圧倒的に“いい人”が多いんですよ~

彼女の名誉のために言っておきますが、初めは、何をどうしていいか分からないと言っていたのに、その後、自分で工夫したり、お掃除も日夜励んでるそうです

ヘビ生時代初期に、Tちゃんちの整理収納に出逢ったことにより、

①自分の好きなことを発見できた!
②資格を取った!
③大好きな友達ができた!
④人に喜んでもらえるって嬉しいことなんだと知った!
⑤次の出逢いに繋がった!

それは、ひとつの出逢いにとどまらず、いろんなことが派生していったのです

⦿ さり気ない出逢いと絶妙タイミングそのふたつありゃ幸運という

⦿ 人に逢うモノに出逢う文字に逢う言葉に出逢うしっかり摑む

line04.gif


引っ越す前、独身の頃の日記を捨てました。(ぽっくり逝った時、誰かに見られるかと思ったら、とても成仏できないし

そして、捨てる前に、読み返してみたんです。

おーっ、なんだか、ときめいたり、待ってたり、かけひきしたり、めっちゃワクワクしてる私がいるじゃん!
色恋沙汰の時しか書いてないけど、20冊くらいありました。

その中で、初恋だけど、いつも2番目に好きだった人が時々登場してきました。
(そういう存在っていませんでした?小栗旬が好きだったけど、向井理に移り、綾野剛も素敵というふうに、1番目は次々変わるけど、2番目は不動の福山雅治みたいな)

彼にとって私は、いつも仲のいい女友達で、他の子が彼のことを好きだと言えば、キューピット役をしたり、彼から恋愛相談を受けたり、滑稽なことをしてたんです。

1度だけ、しんみり飲んでる時に、「何で、お前みたいないい奴に彼氏がおらんのんだ、俺は好きで」と、言ってくれたんです。

でも、その時、彼女に振られたばかりで傷心中だったから、心の穴を埋めるために誰でもよかったんじゃないかと思い、冗談にすり替えてしまいました。

もし、失恋直後じゃなければ・・・でも、やっぱり、女友達の中で好きっていう意味だったのかな~

そんな曖昧さを残したまま、彼はもう、お空の人になってしまいました



もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』『拍手』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【 2014/10/04 (Sat) 】 出逢い | TB(-) | CM(2)
よく似た経験
こんにちは。

りりたさんほど劇的ではないけれど、私も似た体験をしたことがあります。

うちの娘が友だちのおうちにお邪魔し、娘を迎えに行ったら、それはそれはとんでもない散らかりよう。

友だちのママは、一度見られちゃったらいい格好しても仕方がないわ、と、何でも話してくれる友達になりました。

何かの時に、10年以上アルバムを整理出来てなくて、段ボールに写真を入れっぱなしだということを聞き、「私がやってあげる!」と名乗りを上げました。

彼女の家には作業スペースがないので、宅急便で段ボールをうちに送り、アルバムをどっさり買い込んで、すべての写真を時系列で整理しました。

段ボールの中の写真は、順不同になってしまっていたので、「○○家の年表」を作り、電話の子機を横に置いて、「○ちゃんが高尾山にキャンプに行ったのはいつ?」などと問い合わせながらの作業。

とても大変だったはずだけど、楽しかったことしか覚えてないのです。

「あの時の写真が見たい、と思ったらすぐ見られる!」と、お友達のママは本当に喜んでくれました。

私はそれを職業にすることまでは考えなかったけど、よく似たことがあるものですね。
【 2014/10/05 】 編集
Re: よく似た経験
段ボールひと箱の写真整理!

自分ちの写真をどうにかしなくちゃと思ってるご家庭がほとんどなのに、ましてや、他人さまの写真を整理してあげるという発想を持たれる方は、皆無に近いと思います!

整理収納で、人に喜んでもらえ、友達もでき、とホントに似てますね。

そういえば、方向音痴も!

私も、長男次男が、お婿にいく時持たせようと写真を分けましたが、アルバムに収めるというフィニッシュをしてませんe-330

これを機に、出してみようかな。



【 2014/10/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する