FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

40年経っても存在自体がブランドと言われる同級生

昨日、中学高校時代に仲の良かったTさんが、広島に来る用事があるというので待ち合わせしました。

今年になって、私がLINE登録したので、それから時々メールするようになり、今回お茶をすることにしました。
じっくり話すのは40年ぶりです。

彼女は日帰りしないといけなかったので、2時間余りとあわただしかったんですが、それはそれは濃い話が出来ました。
その内容は、次回にしようと思います。

今回は、余談から。

「そういえば5年前の同窓会で、初めてS君と話したんだけど、ああいうすっきりした顔とロマンスグレイおまけに理系っていいわ~」と私。

すると、Tさんが、あ~彼ね、という感じでS君エピソードを話してくれました。

S君のいた7組では、級友の誰かが田舎に帰って来た時、連絡しあって集まるそうです。

Tさんたちが、

【マドンナKちゃんが帰って来た時は、今まで1度も顔を出さなかった人まで出席したのに、面白くて活発だったMさんが帰って来た時は、そんなに集まらなかったらしいよ。この差って何なんだろうね】

という話をしてたら、

そばで聞いていたS君が冷静な口調で、
「だって、Kちゃん自体がブランドだろ?」と言ったそうです。

Tさんは、その言葉に、しっくりこないものを感じたらしいのです。
たかが同級生なのに、そこまで崇拝する?って思ったのかもしれません。

確かに、Kちゃんは、超美人という訳ではないので、同性からすると、なんかピンときません。
でも、そこはかとなく上品で、頭が良くて、自分を前に出すこともなく、なんか昔から一段上の人って感じだったんですよね。

ずっと大人になってから、たまたま高校の同級生に出会った時、「オレ、高校の頃、Kとつきあっとったんで~」と自慢してました。

Kちゃんとつきあっていたことが、何十年経っても男の勲章なんだ~
やっぱり、Kちゃん自体がブランドという言葉は、男子目線かもね。

Kちゃんは、東京の歯学部に進学し、歯医者さんになり、そして歯医者さんと結婚しました。
誰もが羨む、順風満帆コースです。

でもね、今でもはっきり覚えてるKちゃんエピソードがあります。

小中高と一緒の学校だったけど、同じクラスになったのは中1だけでした。
国語の漢字テストで『庶民』が書けたのはKちゃん1人でした。
学年で7番だったのに、それが不本意だったのか、成績表を見たとたん泣き出したことがありました。

あの頃から目標を持ち、泣いて悔しがるほど努力していたからこそ、今の彼女があるんでしょうね。








もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



【 2016/08/29 (Mon) 】 | TB(-) | CM(8)
No title
世の中、色々な人がいて楽しいので、そういう人もいないとねと思います。そういう人は、家族のみならず、社会貢献もしているのであろうと思いたいです。田舎にはなかなかいないキャラなので、これからの人生でそういう恵まれすぎの人に会ってみたいです。
【 2016/08/31 】 編集
No title
そうそう!そこなんですよね。
負けて悔しいという気持ちが大切。
そんな人が、うまく運もつかめて夢をかなえられるのだと思いました。

地元にいないので、同窓会に出席する機会があまりないのですが
みんなと会うと「あの頃」に引き戻されますよね。
自分の忘れていたことも覚えていてくれて、
新たな発見もあったりして。
【 2016/08/31 】 編集
No title
10月には広島で同窓会の予定です!
あまり出世したのは居ないのも、団塊の世代だからかも・・・

欠けてしまった人の割合が多いのが残念です。
【 2016/08/31 】 編集
No title
何だか同級生あるあるですねぇ~
確かにそんな系の人って必ずいましたねぇ~

リン子の同級生達は、逆です・・
上品で割とちやほやされてきた同級生は、今さほど一段上ではない・・
ある意味、一段下かも・・・
今までが今までだっただけに、さぞや凄い暮らしぶりだろうと思ってましたが
聞けば、みな何だか苦労してるみたいです・・
子供が鬱だったり、夫が働かない人だったり・・

なので、逆に目立たない人が幸せで居るとこっちまで嬉しくなる・・
超カッコイイ男子なんかは、自殺したり病気で亡くなったりして
結構減ってる・・
何なんでしょうねぇ~
でも、同級生ネタって話が弾みますよねぇ~
充実した時間を過ごせて良かったですねぇ~
【 2016/09/01 】 編集
Re: No title
ぱあるさん

私の田舎も人口5万のちっぽけな市です。
ブログをUPしてから、光熱費の節約なんて、彼女は考えたことがないかもな~なんて妄想してしまいます。

そういう恵まれすぎの人生を歩む人は、少女時代からオーラが違うんですかね。
私とは、完全に違う匂いだったわ~
【 2016/09/01 】 編集
Re: No title
ちち子さん

まさに!
先日会ったTさんとは、あの頃の思い出話をしたんだけど、お互い覚えてることが全く違ってびっくり!
そうそう、あんなことあったよね~が、ひとつもなかったです。

負けて悔しい気持ち・・・
今まで、1度もなかった気がします~
第一、私が7番だったら、赤飯ものですよ~



【 2016/09/01 】 編集
Re: No title
ちょびさん

同窓会に出席できること自体が、しあわせなことなんですね~
楽しみですね!

私も、来年は田舎で還暦同窓会があるみたいです。
いろんな人生観てきます。
【 2016/09/01 】 編集
Re: No title
リン子さん

人生何があるかわかりませんね~

子どもの頃は、多少の差はあれど、みんな似たり寄ったりだったのに、年をとればとるほど格差は広がりますね。
順風満帆の人は、羨ましいけど、腹を割ってお喋りできるのは、やっぱり苦労人です。

苦労を経たけど、そんな風に見えない人って惹かれます。
リン子さんも、そういう人ではないかと思います。
【 2016/09/01 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する