FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

堕ちていく元夫

単身赴任になってから1年くらいは、2週間ごとに広島に帰ってきましたが、離婚宣言の1カ月前から帰らなくなりました。

週末になると、「父ちゃん、帰らんのん?」と次男に訊かれ、その度に、胸が絞めつけられる思いがしました。

世の中で、こんなに悲しい言葉があるだろうかと・・・

⦿ 「お父さん仕事が忙しいんだからね」わたしの嘘の日が始まった

⦿ 父を待つこの子が不憫で愛しくて今までの倍優しくなれた

⦿ こんなにも純真無垢に待っている子どもをあっさり手離すなんて

⦿ 7年間子どもに会った回数を悲しいけれど数えられる

⦿ 子どもらと君の関わり想う度瞬泣きできる女優のように


手紙や携帯で別れてくれじゃなく、1度、ちゃんと会って話そうと約束しても、当日、熱が出たとかで帰ってきませんでした。

その後、1回だけ、話し合いましたが平行線に終わり、それから7年間、別れたいという言葉は1回も出ませんでした。

離婚宣言後から2年過ぎた春、元夫は解雇され、小さな会社に就職しましたが、その事を隠してました。

健康保険の番号が変更になったので、おかしいと思い本社に問い合わせたところ、退職が発覚したんですが、元夫は、あくまで『出向』だと言い張りました。

今まで、給料から天引きされてたものが全て滞納となり、次々と送られてくる督促状・・・生まれて初めて見る督促状は,まるで犯罪を犯したような気持ちになりました。

ある時期には、『配達証明』や『特別送達』など、聞いたこともないものまで来たことがありました。すぐ、元夫に転送しましたが、今でも、郵便配達のバイクの音が怖いです。

でも、私が目にしたものは、ほんの一部かもしれません。

解雇になった春、長男は浪人し、実家の父は入院し、元夫は生活費こそ入れてくれるものの、同時に、度々けっこうな金額の引き出しをしてました。

私は、どんどん減っていく残高に脅えながらも、元夫の通帳に残高がなかったら、また昔のように大借金を作ってしまうんじゃないかと思ったのと、何より彼の主張する離婚理由が「お金の遣い方をうるさく言う」だったので、咎めることが出来なかったんです。

⦿ 私には君の他にすがられず君は私を巧みに利用す

⦿ 我知らぬ街で君はこの金を何に遣う誰と遣う

⦿ もしかして次男の下に弟か妹いるんじゃ妄想尽きず

その夏に、父が亡くなり、元夫からの送金も途絶え、その次の年から2年間、非課税家庭になりました。

給料は払ってもらえないのかと、おずおず訊いてみると、「月末に振り込む」 とか「明後日振り込む」という返事をもらうのですが、ATMに行く度、泣きながら帰るしかありませんでした。

今でも、ATMに行くと、ドキドキします。

秋になり、元夫は、一獲千金を狙い、アメリカに行きました。

その出張のために、解雇になったことを初めて打ち明けてくれ(もう、バレバレだし)、大金が入るからカードを貸してくれと言われました。

心の声(クレジットカードなんて、簡単に作れるのに?あんなにお金を引き出してるのに、ブラックリストに載ってるの?)

その前に、商談成立の足がかりとなるラッキーなことが実際あったんですが、それを聞いた時、「この人は、残りの運を全部使いきったんじゃないか」と危惧しました。

なんだか威勢のいいことばっかり言ってても、違和感がありました。
まるで、お祭りに参加してるみたいに浮足立っていたのです。

しかも、アメリカのビジネスの橋渡しをしている人物は、胡散臭い経歴の持ち主でしたが、元夫は信用しきっており、おかしいんじゃないかと言えませんでした。

この商談は、のちに裁判沙汰になったようです。

仕事がうまくいかない度、軌道修正し、うまくいきかけては挫折し、を繰り返し、煙草ばかりが増えました。

そして、1年前、出張先で心筋梗塞を起こしました。

病院から連絡があり、本人とも話せましたが、すでにカテーテル手術を終え元気そうでした。

こんな日が来るんじゃないかとパジャマとか買ってあったので、「行こうか?」と言ったら、来なくていいと言われました。

その時、私自身も扁桃炎で寝込んでたし、私の顔を見ても嬉しくないんだろうと思い、病院に近い、長男と私の兄に行ってもらいました。

このことは、「入院したのに来てくれなかった」と、後で義母に報告されました。


line04.gif


うがった見方かもしれませんが、家族を捨ててから、元夫はどんどん転落していったように見えました。

そして、逆境に追い込まれるほど、元夫のちっちゃかった悪い芽が、どんどん成長して、自身で作り上げたジャングルを彷徨っているように思えました・・・初めは助けようとしたんですが、途中から姿が見えなくなり、ついには声も聞こえなくなってしまいました。

いくらバカな私でも、このままでは、一緒に迷子になってしまうのではと、途中から気づいてるんですが、なかなか、見切りをつけることが出来なかったんです。




もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』『拍手』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



【 2014/09/19 (Fri) 】 もがく | TB(-) | CM(2)
No title
はじめまして
まりあです
わたしもシンママです。
わかります。
男の人って変なプライドがあるんですね
そこが、女とは違うのかなぁと思います。
また読ませてくださいね。
【 2014/09/22 】 編集
Re: No title
ありがとうございます!

お互い頑張りましょうね!
【 2014/09/22 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する