FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

子どもたちに感謝

離婚宣言された時、長男は高1、次男は小2でした。

ちっちゃいお子さんを何人も抱えてシンママになられた方に比べると、うちなんてまだましですが、やっぱり下の子は、ほとんど父親のことを憶えてないと思うと鼻ツンです。

下の子が生まれた時、上の子は、それはそれは大喜びし、天使の如く可愛がってくれました。
一方、下の子は8歳離れた兄を、神の如く敬いました。

今でも、2人は喧嘩ひとつしたこともなく、大の仲良しで、私の唯一の自慢です。

《長男に感謝》
父親が、滅多に帰らなくても、次男にサッカーやキャッチボールやギターを教えてくれたり、カープやサンフレッチェや映画や美術館に連れて行ってくれたりと、無意識に父親代わりをしてくれたので、本当に感謝してます。

《次男に感謝》
下の子が中学生になるまで、毎朝していた儀式があります。

それは、次男の頭に頬をくっつけて、あの絶妙な人肌の温もりを堪能しながら、“今日もがんばろーエネルギー”を貰うというものです。小2の冬から4年と3か月、毎日毎日5分間、この儀式をしてから起きました。

次男が中学生になった時、「今までいっぱいエネルギーくれてありがとう、明日から、お母さんひとりで頑張ってみるよ!」という気持ちで、潔くやめましたが、次男の存在には本当に助けられました。

40で生んでよかった

《2人に感謝》
長男は、アトピーや喘息でしんどい思いをしましたが、次男は何のアレルギーもなかったので、毎日が驚きの連続でした。

お布団に入っても、走っても、温度差のあるところに行っても、雨でも、咳一つ出ないんだ!
汗かいても、泣いても、暑くても、化繊を着ても、痒くないんだ!

普通に生まれることが、どんなに恵まれたことか、ありがたいことか、2人を育てて気づきました。

その上、2人とも、ぼーっとしたタイプなので、この春、私が離婚することになったと言うまで、何の疑問も持ってなかったようです。なまじっか、敏感な子でなくてよかったけど、それにしても、どんだけ鈍いんじゃー!(それとも私の演技力?)


line04.gif


離婚宣言後、元夫が家に立ち寄った時、次男がいつものように「父ちゃん、人生ゲームしよう」と誘ったのです。

その時、元夫は、面白くなさそうな顔をして「やらない」と言いました。

あれから、元夫が時々帰ってきても、2度と人生ゲームのことを口にすることはありませんでした。


⦿ 父ちゃんから声かかるのを全身で待っているのを感じないのか

⦿ 「子はかすがい」「親権争い」なんてない どうぞどうぞという君哀し

⦿ 誕生日くらいは子どもに電話して そんな願いも叶わないまま 

⦿ なまじっか籍の上だけ父よりも他人になれば何でも許せる

⦿ 世間から見ると頼りない子達でも私にとっては命の源

⦿ 父なくも母召されても兄弟で支え助けよ いついつまでも



もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』『拍手』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【 2014/09/04 (Thu) 】 気づく | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する