FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

欲を出すから苦しいし人生が狂うのよ

元夫は、解雇されてから再就職したものの、立ち上がったばかりの会社だったので、まともに給料も出ませんでした。
それでも、アメリカで大きな儲け話があり、それがまとまれば大金が入ると言ってました。

クレカでキャッシングし、アメリカに2度行きました。
結局、商談はまとまるどころか、裁判沙汰になりました。

橋渡ししてくれた人物の素性を聞いただけで、胡散臭いなと思ったんですが、口出しできる状況ではありませんでした。

会社も元夫もお金がないから必死なのです。
頭の中は、『一獲千金』という欲望しかありません。

会社の“理念”もなく、“社員教育”とか“企業努力”もせず、何より積み重ねた“信用”もない会社。
手八丁口八丁だけの営業で、契約が取れるはずがありません。

それでも、がむしゃらに日本中を駆け回り、5年間頑張りました。
やがて、資金繰りが苦しくなり、あてにしていた融資が受けられず、このままでは年を越せるかどうかという時。
会社創設者であるX氏が、我が家を担保にどこからかお金を借りようとして、言葉巧みに私に接して来ました。
その時は、いやな思いをしたけど、後から思うと、元々悪い人じゃないんだ、会社と社員を守ろうとしたんだ、お金に狂わされただけなんだと思いました。

元夫も、解雇後は、お金と仕事のことしか頭にありませんでした。
【それって、人としてどうなん?】って思わざるを得ない言動が多々ありましたが、やっぱり、根っこはお金絡みです。

また、従兄弟が、
「法律事務所で働いてる時、よく裁判を傍聴したけど、たった何十万何百万を獲るために、お互いを罵りあって。ホントくだらないよ!そんなことしてる暇があったら、他にやることあるだろって、毎回思ってた」
と、言ってました。
本人同士は必死でも、第3者から見ると、欲まみれの醜い姿に映るんでしょうね。

そして、先日遊びに来ていた叔母(従兄弟のお母さん)は、
35年前、叔父が経営していた会社が倒産し、生活が一変、大変な苦労をしたようです。
63歳の時、仕事を求め東京に出て、80歳の今でも、現役のヘルパーさん(される方じゃなく、お世話するほう)です。

人生の酸いも甘いも経験してきた叔母が、
結局、世の中すべて、欲を出すから苦しいのよ。欲を出すから人生が狂いだすのよ。私も、あの時(倒産前)、早く土地を手離していたらと今でも後悔するわ」
と言ってました。

ここ10年、いろんな人を通して、『欲って、なんて怖いんだろう』と、思い知らされてきました。
最後に、叔母のひと言で、答え合わせが出来たように思います。




10年前までは、
充分世間並みの暮らしをしていながら、もっといい生活があるんじゃないかと、些細なことに不満を持ってた。
もっと夫が、もっと子どもが、もっとお金が、もっと上に、もっとしあわせに、もっともっと・・・と。
あれもこれもと、必死に掻き集め、それでも満足することはなかった。

私こそが欲の塊だった。
そして、求めれば求めるほど、手の平からこぼれて行った




「家もベッドもソファもテーブルも失ったけど、持ってないって楽~
失うかもしれない心配をしなくていいもの」

叔母にそう言ったら、「私も同じよ」って、たおやかに微笑んでくれました。

叔母には、立派な3人の子どもがいるし、
私には、2人の息子と母がいる。

なんにもなくても、家族さえいれば、前へ進める気がしました。


line04.gif


叔母に、どういうふうに子育てしたのか訊いてみました。
「時々、上手に育てたねって言われるけど、私はなんにもしてないのよ~」

いやいや、やっぱり、この母有りきだわ~
子育ては、まず自分育てからかもな~





もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



【 2015/10/10 (Sat) 】 学ぶ | TB(-) | CM(6)
No title
確かにね~ 上を見ればキリがないですからね。私は今の生活に十分満足してますね~ 働けるとこがあって、とりあえず必要とされてるような気がしますからね。
あとはロト7があたれば万々歳っていつも夢をみていますね
【 2015/10/11 】 編集
Re: No title
さすが自遊自足さん

足るを知っておられますね。
そういえば、どこでも『頼りにされてる感』満々だし。
それも、心を満たされてる一因でしょう。

ロト7。
夢ですね~
買ったことないんです。
まずは、買ってみなくちゃ!
【 2015/10/11 】 編集
No title
かなり昔ですが、旅行先でホテルの部屋に備え付けられていた仏教書に、
「欲というのは喉の乾いたときに塩水を飲むのと同じだ」みたいな
ことが書いてあったのを読みました。
飲めば飲むほど、満たされれば満たされるほど、
もっともっととなるんだそうです。いつもその言葉が頭から離れません。
【 2015/10/12 】 編集
No title
こんにちは。素敵なおばさんや、いとこさんがいて、恵まれてますね。私の親戚には、相談できる能力のある人が、非常に少ないです。80歳で介護する方の立場でいらっしゃるおばさんて、素敵ですね。お子様たちは、そんなお母さんを誇りに思っていることでしょうね。

欲望のコントロールというのは、哲学的にも心理学的にも、非常に深いテーマだと思います。
【 2015/10/12 】 編集
Re: No title
怖いですね~
飲んだ後、前よりもっと喉が渇いてることに[下線]気づかない[/下線のが欲の怖ろしいところです。
そういう言葉に、早く出逢われてよかったですね。

足るを知るためには、やっぱり、少ないもので暮らすことがベースでしょうか。
私も、また、断捨離を始めたくなりました。
【 2015/10/12 】 編集
Re: No title
ぱあるさんは、相談を受けるほうではないですか?
なんか、理にかなった回答をもらえそう!

人間は、永遠に、欲と離れることは出来ません。

欲のコントロールは自信ありませんが、せめて、渡辺和子さんの言葉のように、集めるより、与えるほうの多い人になりたいと思ってます。

【 2015/10/12 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する