FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

『一生の終わりに残るものは、我々が与えたものだ』

従兄弟からの返信を読んで、落ち込んだ夜。
眠れるはずがありません。

そもそも、こんなことになってしまったのは、全て元夫が悪いんだ。

N先生だって、私が有利になるよう解決してくれるのが当然でしょ。
着手金30万も払ったんだし。
今までだって、優しい私は、充分譲ってきたじゃん。

Yちゃんだって、私を助けると言ってくれたのに、突き放したような返事だったし。

誰も私のこと、解ってくれない・・・

正直、そう思いました。

そういえば、こんなこと、過去にもあったな・・・
周りのみんなが嫌いになったり、私一人が阻害されてるように感じたり。
そんな時って、必ず私のほうがブレてたんだよな・・・

今、私がブレてるなら、やっぱり、尊敬する従兄弟を信じるべきよね。
そして、従兄弟が推薦してくれたN先生を信じないといけないよね。

でも、“バランスのいい弁護士”ってどういう意味なんだろう。

弁護士は、依頼者に有利になるよう手腕を発揮してくれるもんじゃないの?
それってTVの中だけの話?

もしかしたら、
離婚って、両者が、損したような、得したような、絶妙な後味で別れることが最良なのかもしれない。
自分のほうが、いっぱい損したと思うと、後々までもめたり、逆恨みを買う可能性も高い。

目先の『利』を依頼者に多く与えることのほうが、弁護士にとっては簡単なのかもしれないけど、N先生は、あえて両者の未来を視野に入れて、交渉して下さってるのかもしれない。

それは、私が理想とした『家族全員がしあわせになる離婚』に繋がってる。

そのためには、私が欲を捨てることが最善だろう。

実際、あれもこれもと欲しがった上、子どもに何も与えてくれなかった元夫の姿に、心が凍った。
このままじゃ、私も同じ穴のムジナだ。

でもでも、私だって、次男を大学に行かせてやりたいし、これからのことを考えると、1万でも2万でも多く欲しい。

その時、思い出したのは、大好きな本の大好きな言葉。


一生の終わりに残るものは、我々が集めたものでなく、我々が与えたものだ   
    『置かれた場所で咲きなさい』渡辺和子著より



今、私が与えたものが、宇宙のどこかに蓄積されるかもしれない。
今、私が手離したものが、未来の私を助けてくれる宝になるかもしれない。


たとえ、私に返って来なくても、子どもを助けてくれるかもしれない。


翌日、
元夫からの最後の要求だった『滞納している年金の半分を負担して欲しい』を承諾しますと、N先生に伝えた。


line04.gif


離婚に向けて、出来うる限りのことはした。
そして、譲れる限り譲った。

欲を引っ込めても、なぜだか損した気分にならなかった


※ 以上は、あくまで私のケースです。





もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【 2015/10/02 (Fri) 】 学ぶ | TB(-) | CM(8)
No title
こんにちは。
大変な状況にあっても、落ち着いて考え、行動できるりりたさんを
尊敬します。(うまく言えなくて、すみません)
渡辺和子さんの本を、図書館で借りることにしました。
【 2015/10/03 】 編集
riri
離婚は勝ち負けをつけない、どっちかがトクするとかソンするとかがうやむやな方のが後々いいのかもしれませんね。なるほでです。
でも、弁護士さんて着手金だけでもそんなにするんですか!
それだけ支払ったら誰だって「有利になるのがあたりまえ」と考えるますよ。

元夫さんのお願いを承諾してりりたさん立派です。

【 2015/10/03 】 編集
りりたさん立派です
離婚は勝ち負けをつけない、どっちかがトクするとかソンするとかがうやむやな方のが後々いいのかもしれませんね。なるほでです。
でも、弁護士さんて着手金だけでもそんなにするんですか!
それだけ支払ったら誰だって「有利になるのがあたりまえ」と考えるますよ。

元夫さんのお願いを承諾してりりたさん立派です。

【 2015/10/03 】 編集
Re: No title
あかこママさん
ありがとうございます!

字面にすると、いかにも冷静沈着そうですが、本来欲深い私。
浪費病の元夫のこと、養育費は送ってもらえないだろうから、ここで1円でも多く取らなきゃ!って思ってました。

でも、元夫の態度を見て、
『お金って、こんなにも人をおとしめるものなのか』と痛感しました。
もしかしたら、お金の魔物に取りつかれると、みんなそうなってしまうのかもしれません。
元夫のお蔭で『欲ほど怖いものはない』と、気づかせてもらいました。

渡辺和子さんの本は、人生のバイブルです。
前書きだけで、もう泣けますよ。
【 2015/10/04 】 編集
Re: りりたさん立派です
ちち子さん
ありがとうございます。

元夫が、ここまで臆面もなく要求してきたからこそ、『欲の怖さ』に気づきました。

「今、与えれば、やがて、しあわせを連れてきてくれるんだ」って、自分に言いきかせました。
あっ、その考えも、欲?

解決したら、今度は、報酬金も払うようなんですよ。
でも、元夫は、一切連絡して来るなと言ったので、弁護士を頼むしかなかったです。
【 2015/10/04 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2015/10/05 】 編集
Re: No title
パソコン詳しくないんで、返信も内緒になるのか、お試しメールしてみます
【 2015/10/06 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2015/10/06 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する