FC2ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

最近感動したドラマの中のセリフ3つ

母が転倒してから2か月が経ちました。

90歳で転倒したら、骨折⇒寝たきりになってもおかしくありません。
しかし、母は3度目の転倒も奇跡の復活を遂げました!

転倒2週間目頃から少しずつ動けるようになり、
1か月半を過ぎた頃から、めきめきと回復し、
今では家の中も外も、何もつかまらずに歩けるようになりました。

トイレは1か月過ぎくらいからひとりで行けるようになり、
最近は、お風呂もひとりで入れるようになりました。

とはいえ、
転倒前より体力がすっかり落ちてしまったので、午前、午後、夕方とよく寝てます。
夜も8時には床につくようになったので、そこからはひとりきりの時間です。

録画しておいた10月スタートの新番組を見るのが1番の楽しみ♪

その中から、感動した3つのセリフをご紹介します!


まずは『スカーレット』

下宿屋さんの女中見習いとして雇われた喜美子。
古くから仕えている大久保さんに下宿での仕事を叩き込まれます。
そして、仕事以外にも破れたストッキングの補修までさせられ、
その怒りを大久保さんに見立てた枕にぶつける日々。
そんな時、『新聞社の雑用係』という転職話が舞い込みます。
しかも、お給金は今の5倍。
悩んだ末、喜美子が出した答えは、
「女にも意地と誇りがあるんじゃーーー!大久保さんに認められるまで今の仕事を頑張る」というものでした。

それよ~!
私にも意地と誇りがあるんじゃーーー!リーダーさんに認められるまで頑張る!

と言いたいところですが、
リーダーさんは、人を認めるような事はしないと思うので、
他のスタッフと比べ、遜色ないレベルに達するよう頑張ります!


次に『G戦上のあなたと私』

日頃から同居している姑にいびられている幸恵。
姑が2泊3日の温泉旅行に出かけた日、自宅にバイオリン教室仲間の也映子と理人を招きます。
幸恵の娘のピアノに合わせ練習をしてると、突然、姑が予定を1日早めたと言って帰ってきます。
也映子達を家の外まで見送りに出た幸恵。
「わざとよ。ホントは初めから1泊2日だったのよ。今日みんなと練習することをすっごく楽しみにしてたのに…」と泣き出してしまいました。
すると、理人が、
「泣いてはダメです。もしわざとだったとしても、楽しくしてれば、こっちの勝ちだ」と言って励ますのです。

それよ~
同じ注意をするんでも、後味の悪い言い方(または表情)をするリーダーさん。
わざとなのかな~、私を辞めさせたいのかな~、私のこと嫌いだよねって思います。

でも、私が楽しく働いてれば、こっちの勝ちだ!


最後は『俺の話は長い』

姪(中3)「どうして人生の大事なことに限って誰も教えてくれないんだろう」
叔父   「たいていのことは傷ついて覚えるしかないんだよ」
姪    「そんなの辛すぎる」
叔父   「若いうちだけだよ」

いやいや、
年を取ってからも傷つきながら学んでいます。
しかも、若い頃より傷は痛いし治りは遅いし。
(でも、手当の仕方は年とともに上手になって来てるかな)


皆さんは、秋の夜長をどうお過ごしでしょうか?






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村

スポンサーサイト



【 2019/10/28 (Mon) 】 言霊 | TB(-) | CM(0)

ダブルショック(T_T)みんな、いろんな事情を抱えているんだね・・・

今日は『即位礼正殿の儀』ですね。

親に守られていた昭和。
親としてもがいた平成。
親を看守っている令和。

私にとって、時代が変わっても親子の絆は連綿と続いていきます。


祝日は、子育て世代がお休みするので介護施設は人手不足気味になります。
私は、たまたまお休みなので、
あまりに少ないようなら出ようかな、
いや、リーダーさんに対してそこまで義理立てしなくてもいいかな、
なんて、悩んでいました。
   ↑
本当は『働く仲間の負担を減らすため』と考えなくてはいけないんですが、真っ先に浮かぶのはリーダーさんの顔(^_^;)

でも、先日シフト表をチェックしたら、平日並みに埋まっていたのでスルーしました。


さてさて、
前回のブログ以降、立て続けに悲しい事がありました。

まずは、
私と同じ不器用組のYさんから衝撃の告白。

「辞めようと思う」と・・・(@_@;)

Yさんは、平日は事務の仕事(1日)、土日は介護施設の仕事(半日)。
ずーーーっと働き通し、というのは聞いていました。

その上、家には体の不自由なご主人がいらっしゃるそうです。
そのご主人(多分50代)が、最近認知症っぽい妙なことを言い始めるようになったそうです。

土日の午後しかお休みが取れないYさん。
家に居ても疲れていて家事をするのが精一杯。

「私が心に余裕を持って主人と向き合う時間が持てなくなったからだ」と自分を責めておられました。

そういう深刻な事情があり、辞めようかどうしようか悩んでいるとのことです。

不器用だけど、頑張り屋のYさん。
一緒に働けなくなるかもだけど、応援したいです。


そして、もうひとり。

先日、一緒にランチしたHさん。

ランチの時にすでに聞いていたのですが、
今、私たちが働いてる介護施設Aではなく、Hさんがメインで働いてる介護施設Bが人手不足で困っているそうです。

なので、Aのヘルプを辞めて、B1本にしようと思うと。

最近、Aのほうは新人さんが3,4人入って来られました。
今がチャンスかもということで、ランチから数日後、リーダーさんに相談したら、あっさりOKをもらったそうです。

という訳で、Hさんと一緒に仕事をすることもなくなってしまいました。

でも、Hさん。

「私がAのヘルプに入らなかったら、りりたさんに出逢えませんでした。
せっかくいい出逢いをもらったんだから、これからもランチに誘ってくださいね!」
と言ってくださいました。

うんうん、こちらこそ、ストレスが溜まったら聞いてね!です。



せっかく仲良くなれたふたりだけど、
職場で顔を見れないのは、とても寂しいけれど、

でも、
私と同じように、
リーダーさんに対して違和感を感じていた人がいた。
私と同じように、
不器用さんがいて、お互いカバーしあえた。

私だけが変じゃないんだ。
私だけが不器用じゃないんだ。

そう思えた今は、前より少しだけ逞しくなったような気がします!






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村







【 2019/10/22 (Tue) 】 働く | TB(-) | CM(8)

匂いが全く違う人と一緒に働くということ

先日、早速、Hさんとランチをしました。

Hさんは、他の介護施設Bがメインで、私たちが今行ってる介護施設Aはヘルプです。

最初、Aのリーダーさんが、Bのリーダーさんとは真逆のタイプだったので、ビックリしたそうです。

Bのリーダーさんとは会議で一緒になるんですが、私も大好きな人です。

とにかく謙虚で、自分から手を挙げることはないけれど、当てられるとしっかりした意見を言われます。
みんなが尻込みするプレゼンも嫌な顔一つせず引き受けます。
「新人さんに100回(仕事を)教えて理解してもらえなかったら1000回教える」人です。

Aのリーダーさんは、

物怖じすることは全くなく、どんどん意見を出して、周りをへ~、ほ~、とうならせるほどです。
みんなが尻込みするプレゼンは嫌そうな顔をして引き受けられました。
が、いったん引き受けたからには本気モードです(←本来向いてそう)
新人さんがいい人そうでも仕事が出来なければ3か月以内に切ります。


とにかく休憩室では、ずっと喋ってます。
凄いエネルギーです。

以前は、へ~、ほ~、って聞いてたんですが、
最近は、どうしてこの人、ひとりで自慢してひとりで笑ってんだろうって、ぼんやり思うようになりました。


ランチをしながら、Hさんに、
Aリーダーさんと私は匂いが違うからと言ったら、
めっちゃ納得されてました。

そうなんです。

Aリーダーさんは悪い人ではないのです。
ただ、私とは共通項がなさすぎるだけ。

私は今まで似たようなタイプの人に囲まれ、人間関係に悩むことがありませんでした。
でも、いろんなタイプの人と一緒に仕事をして学びなさい!ということなのですね。


そこで、発想の転換!

Aリーダーさんに、ことごとく注意されてます。
理不尽と思った事もあるし、身から出たサビもあるし、それをいちいち仕分けしても意味がない。

注意されたことをクリアしていけば、誰よりも正確な仕事が出来るようになる!
そう思えば、リーダーさんに注意されるって有難いこと!

なんで私だけ!とか、
私はダメ人間だ・・・とか、
もう、思わないぞ!

それでも、ストレスが溜まったらHさんに聞いてもらお!






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村

【 2019/10/18 (Fri) 】 働く | TB(-) | CM(2)

今回は思いっきり毒づきますo(o・`з・´o)ノ

ちょっと、長くなります。
そして、タイトル通り毒づきますので、こういう話題が苦手な方はスルーしてくださいませm(__)m




私は本来、スーパー清掃勤務です。
でも、介護施設が人手不足ということだったので3月からヘルプに入って早や7か月。

なまじっかスーパー歴が長いので、ついスーパーの癖が出たり、
覚えることが膨大過ぎて頭がミンチ状態になったり、
超方向音痴なので、自分がどこに居るのかわからなくなったり、
苦戦続きの日々でした。

徐々に仕事は慣れてきましたが、ただ一つネックなのはリーダーさん。

最初は注意される度、私がダメダメだからだと自分を責めていましたが、
だんだん周りの様子が見えてくると、私より先に入った人も、けっこうケアレスミスをしてるんですよね。

でも、リーダーさん。
ミスしたスタッフに、「可愛いから許す」って、笑ってるんです。
私が同じミスをしたら『眉間にしわ』ですよ!

こんなふうに、介護施設所属のスタッフには我が子同然に可愛がるんですが、
私には風当たりがきついです。

やってはいけないと知らずに私がやっていたら、即座に注意されます。
でも、私と同じことをしているスタッフには何も言いません。
リーダーさんと同期入社だから?
気がつかなかったの?
でも、あの目敏いリーダーさんが見逃す?

あと、仕事がシャキシャキできない人(←私もです)にもきついです。

あるスタッフがドアを出た途端、あれだけ△△って教えたのに(*`^´)=3と、みんなの前で言われました。

こういうのを聞くと、私も陰で何か言われてるんだろうなって推察できるし、
わざわざ口に出さなくてもいいのにと思います。

あくまで仕事に関する個人的評価であり、人格を批判してるのではないんですが、
『仕事が出来ない=ダメ人間』ってハンコを押されたようで、自己嫌悪に陥ります。

その上、リーダーさんの評価を聞いた他のスタッフも、そういう目で見てるんだろうなと思うとやりきれません。

リーダーさんは、私を話の輪に入れてくれません。
それを敏感に察知して、リーダーさんの前では他のスタッフも私にあまり話しかけません。

リーダーさんがいない時には、物腰が優しくなるスタッフもいます。

リーダーさんがみんなの前で私に話しかける時は、知ってるかどうか試す時です。
「有給は何曜日始まりでしたっけ?」というふうに。

そういう「意地悪だな」と思うことが時々あります。

たまに、リーダーさんから話しかけられると、
「なんの魂胆があるんだろう!?」と反射的に身構えてしまいます。

すぐ、顔に出たり、言葉に出したり。
人によって態度が変わったり。
意地悪だったり。
※仕事が普通に出来るスタッフからすると、ばりばり仕事の出来る、頭の回転の速い、頼りがいのあるリーダーです

なぜ、ことごとく私にだけ厳しいのか?
そりゃ、飲み込みが悪くて迷惑をかけたけど・・・

そんなモヤモヤを抱えながらも、仕事は頑張ってきました。



最近になって、よく一緒に仕事をするYさんとは、お互いかばい合って(彼女も不器用組)仲良くなりました。

そして先週、帰り道が一緒ということで、時々車で送ってあげるHさんにポロっと、
「職場で疎外感を感じる」と話したら、

実は、Hさんもそうだったんですって(@_@;)

そういえば、Hさんも私と同じヘルプ組。
やっぱり他のスタッフとは扱いが違うと感じていたんだとか。

しかも!

どちらかというとおとなしいタイプのHさんのほうから、
「今度ゆっくり話したい!」と誘っていただきました!

やっと、同じ職場で、このモヤモヤを吐き出せる人がいたーーー\(^o^)/






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村
【 2019/10/14 (Mon) 】 働く | TB(-) | CM(6)

笑顔と名前を覚えることを心掛けています!

現在、私の仕事先は3カ所です。

Aは2年くらい前から行き始め、当時は週に2回でしたが、
あとから入ってきた2人が、しっかり働いてくれるので、今は月に3回くらいです。

BとCは、今年の春から行き始め、どちらも週2回です。

他には、会議やミーティング、デスクワークがあるので、週5~6日勤務ってとこでしょうか。



Aは、回数こそ1番少ないものの、行くとホッとするくらい人間関係に恵まれています。

最近、Aの従業員さんから声を掛けられました。
店内で出会えば、挨拶をし、ひと言ふた言交わすぐらいの方です。

「いつもニコニコしてるから元気貰えるわ~
忙しいとついピリピリしちゃうから、私も見習わんといけんって反省するんよ。
それに、名前も覚えていてくれててビックリしたわ!」

そんなふうに思っていてくださったんですか!?

ここ数か月、BとCの人間関係に悩んでいて、
もしかして、私って周りに迷惑を振り撒いているんじゃないだろうかと自己嫌悪に片足突っ込んでいました。

なので、自分を肯定してもらったようで、めっちゃ嬉しかったです(●^o^●)


笑顔と名前を覚えること
この2つは日頃から意識していたので、
それをいっぺんに褒めてもらって、
わざわざ私に直接言ってくださって、
こちらのほうこそ感謝でいっぱいです。



名前は、どの現場でも、なるべく早く覚えるよう心掛けています。

ものを訊いたり、頼んだりする時に、
「あの~」とか「すいません」より、
まずは名前を呼んでから用件を話すと、相手もより集中して聞いて下さる気がします。

それに、人に名前を覚えてもらうって、とっても嬉しいし、
名前を呼びあうと、確実に距離が縮まりますもんね。



今度は、私が誰かのいいところを褒めて、次々と連鎖していって、
みんながHappyになったら素敵ですね❤



しかし、問題は、BとC。
以前にも、こぼしたことがありますが少し変化がありました。


続きは次回!







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村
【 2019/10/07 (Mon) 】 行動する | TB(-) | CM(6)

ほんとうの優しさって、目に見えないからね(パクリ)

大切なことは、目に見えないからね

あまりにも有名な『星の王子さま』の一節です。

それと同じように、
ほんとうの優しさも、目に見えるものだけではないと思うんです。


母は、目に見える事だけで物事を判断します。


例えば、具合が悪かったら、
「大丈夫?どうしたの?お医者さんに診てもらう?薬飲む?」って優しく声を掛けてくれるのが優しさだと思っています。

でも私は、母が不調そうにしていても心配な素振りを見せません。

周りが心配すると、益々自分は重症ではないかと悪い方へ考えてしまう人だからです。

それに、低気圧が近づいてるからだなとか、眠剤の影響だなとか、だいたい思い当たることがあるので、不調の原因を説明し、大したことないと休ませてお終いです。

だから母は私のことを「この子は冷たい子だ」と思っています(←ケアマネさんにもこぼしてました)。



今まで3回転倒しましたが、その度に落ち込む母を励ますことが出来るのは、母が大好きなケアマネさんなんです。

なので、すぐ連絡を取って、
「思ったより元気そうでよかった」とか、母が前向きになれるような言葉を掛けてもらうよう事前に打ち合わせたり、
薬を調整したり、手すりを手配したり、
母の見えない所では動いています。

もちろんは母は、そんな事に気づいていません。

それでいいんです。
私の場合、目に見える優しさは苦手だからです。


まっ、今回ばかりは、甲斐甲斐しくお世話をしたので母も満足したのか、
「このご恩をどうやって返せばいいのか」なんて言ってますが・・・

でも、目に見える優しさはフェイドアウト中。

だいぶ回復しつつあるので、徐々に元の生活に戻れるよう、介護の手を抜き始めています。

これ以上、何でもかんでもお世話してると、母はますますボケてしまいますから。


とりライン


皆さまには、ご心配をしていただき、また温かい言葉をかけていただき、本当にありがとうございます。

なかなか、皆さんのブログを覗くこともできず、コメントも遅れがちでしたが、母と一緒に私も元の生活ペースに戻れるよう頑張ります!






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村










【 2019/10/03 (Thu) 】 | TB(-) | CM(10)