FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

不快な梅雨を迎える前に、せめて身の回りを快適にする

夏休みでもないのに、大のおとななのに、読書感想文の宿題が出ました。

我がS社の会長は超多忙なかたですが、大変な読書家で、若い頃から月に10冊は読んでるそうです。
そして、その中から、ぜひ社員にも読ませたい!と思った本を1冊選び、『今月の推薦図書』に指定してます。
それを、社員さん達は読んで感想文を提出しなくてはいけません。

社員全員がきっちり出してるかどうかは知りませんが、けっこうプレッシャーですよね。
よかった~社員でなくて・・・

ところが、今月の指定図書の感想文をサイトマネージャークラスも書くように指示がありました。
えーーーーーっ(@_@;)

ビジネス書なので、ワーク・エンゲージメントとかストレスコーピングとか、カタカナだらけ。
訳がわかりません。

なんでこんなん読まんといけんのん・・・

あーでもないこーでもないと下書きに悪戦苦闘。

そうだ!そういえばパソコンで原稿用紙が打てるんじゃなかったっけ?
そう思い、Wordを開いてみると、あったあった!

そこに下書きを入力すると、何だか作家になった気分。
テンションあがるわ

読み返してみて、また添削。
おーっ!パソコンだと簡単に直せるぅ!

独身時代、事務をしてましたが、全て手書きでした。(3,40年前のことだもんね)
12年間の事務職の名残りで、今でもブログ以外は全て手書きです。
社内向けの通信の下書きも、手紙の下書きも、発表会の原稿も。

でも、やっぱりパソコン便利ですね~
お蔭で、読書感想文も早々に完成\(~o~)/(締め切りは6/11)

ひとつ、スッキリしたー!


四国、九州も梅雨入り宣言しましたね。
広島も今週中とか。

梅雨になる前に、セーター、コート、コタツ布団や毛布を洗わなくちゃ!だったんですが、休日が少ないので、なかなか晴天と重なりません。
仕事が終わってから洗うと乾ききらないし。

なので、明日は朝からピーカンという前日の夜、洗うことにしました。

夜は、ほとんど活動停止状態の私なので、今までそんな事をしたことはありませんでしたが、フルに働く人にとっては常識かも.。

ということで、厚物も全て洗濯完了!
冬仕舞がギリ梅雨入り前に終わりました。

これまたスッキリですー!


とりライン


身の回りのことや、やらなくちゃいけないこと等、ひとつでも片付けると、けっこうスッキリしますね。

不快な梅雨を迎える前に、冬仕舞いをして、やらなくちゃいけないことを済ませて、なんとか快適に迎えられそうです!






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村







スポンサーサイト



【 2018/05/29 (Tue) 】 行動する | TB(-) | CM(4)

昨日まで一緒の職場だった人が突然亡くなるなんて・・・

私はS社に雇われてますが、仕事先はスーパーFです。

昨日も、いつものように出勤し店内を清掃をしていると、商品を並べていた従業員さんが小声で、
「さっき聞いたんだけど、〇〇さんが亡くなったんだって」と言われました。

えーーーっ!
もうびっくりでした(@_@。

後で、詳しい事を聞いたんですが、
その前の日の朝、〇〇さんが出勤されて来ないので、同僚の方が携帯に電話したら、ご家族?が出られ「死んだんです」と言われたそうです。
相手も動揺してるし、同僚の方もビックリして、それ以上の事は聞かず早々に電話を切られたみたいで、まだ誰も死因は知りません。

最近、私の周りでも、脳出血や心筋梗塞が多いから、その類なのかな・・・

〇〇さんは調理の仕事だったので、厨房に入ってることが多く、挨拶するくらいでしたが、昨日まで同じ職場で働いていた人です。
しかも、まだ40代前半、お子さんは小学生ということでした。

もし、私が突然そうなったら・・・

1番困るのは母です。
絶対ひとり暮らしは出来ません。

私が離婚する時、田舎から出てきてくれないかと頼んだら、間髪入れず「いいよ」と言ってくれました。
だから、最後まで私が責任を持って、逝かせなくてはいけません。

次男は大学2年生。
卒業して就職するまでは絶対死ねない。

だから、私は自分の健康管理をしっかりしなくてはいけません。
無理してシフトの穴埋めに手を挙げるのは止めよう。

そう思い、手帳を見返してみました。

本来私は週4日勤務の契約を会社と交わしています。
それが一昨年くらいから他店へのヘルプが入るようになり週5ペースに(強制ではありません)。
今年はヘルプの回数が増えて週6ペースです。

午前だけの仕事ですが、(元々が丈夫でないので)体力的にはいっぱいいっぱいです。

 シフトの穴埋めに入ることで、『いい人と思われたい!』というのが本音じゃないの?

そうかも・・・それはある

 もう、いい人づらをはぎ取ってしまいなよ!じゃないと長続きしないよ!

そうだよね、少なくとも70歳までは働かなきゃね・・・

もう無理しない!いい人のふりをしない!
目標!ではなく決め事!
月に7日は休む。やむを得ない事情が勃発しても5日は休む!

こうやって、ボーダーを引かなきゃ流されちゃうからね。


とにかく元気でいなけりゃ!


とりライン


私の周り、多いです。
くも膜下出血1人、脳出血2人、心筋梗塞3人・・・
50代60代です。

血管は完全に詰まるまで、ほとんど症状が出ないので怖いです。






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村
【 2018/05/26 (Sat) 】 働く | TB(-) | CM(8)

一難去ってまた一難、人生ってこんなもんだね

先週、見慣れない番号から電話が架かってきました。
一応出てみるかと思い、恐る恐る「もしもし」と言うと、
4月入社のイケメン社員Yくんからでした。

残念ながらYくんは私の担当ではありません。
どうしたのかなと思ったら、

「K店のSさんが心筋梗塞で緊急入院されました。それでシフトを埋めないといけないんですが、りりたさん、どこかで入れませんか?」

人材不足の業界です。
みんなが他のお店のヘルプに入り、かつかつ回ってます。
私もA店に月10回くらいヘルプに入っていて、5月後半は26日しかお休みがありません。

困ってる人がいたら助けたい!
そうするよう心掛けてきましたが、今の状況では私が倒れちゃいます。
現に昨日から喉が腫れ、熱が出ました。
今月2回目の扁桃炎です。

ここは心を鬼にして断らねば。

「ごめんなさい、私もいっぱいいっぱいで月に5日くらいしか休みがないんです・・・」

そうですか・・・誰もいなければ、とりあえず自分が入りま・・・
最後は聞き取れないくらいの声でした。

意気揚々と入社して、いきなりスーパーの掃除をしなくちゃいけないなんて可哀そうな気もするけど、業界全体が人手不足だから洗礼を受けるのも修行のうち。

そう思いながらも、自分がヘルプに入れない後ろめたさを繕うために、
「K店なら、Iさんが近いと思う、後X店とZ店も。訊いてみて。いい返事が出来なくてごめんね。」
そう言って切りました。

その夜、別件でIさんにLINEしたので、Y君から連絡あった?と訊くと、ないとの事でした。
事情を話したら、
「K店の作業行程を入手して、いつ声がかかってもいいようにしておきます!」
という返事。

なんて、いい人なんだ!
Iさんもあちこちヘルプに入って忙しいはずなのに・・・

それに比べ私は・・・
一応、6月のシフトは既に決まってますが、A店のほうを調整し2日ほど替わってもらうことが出来ました。

明日の会議で、今後のK店のシフト調整をするという事なので、何日間はヘルプに行くようになるかも。

 困ってる人を助けたい!役に立ちたい!
 断れ!断れ!自分を大切にしろ!

正直、揺れてます。


とりライン


やっとガラケーが片付いて、一つスッキリしたと思ったら・・・
次から次へと起きますね~

いい事はいい事。
悪い事もやがていい事に変わる。
ひとつずつ片付ければいい。






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村





【 2018/05/23 (Wed) 】 働く | TB(-) | CM(6)

遠回りはしたけれど最後は多くの感動をもらいました!

実母が10年間使ってるガラケーの名義が元夫であるため機種変も解約も出来ない案件。
最終章です!

元お姑さんに頼んで、山口県のauショップに行ってもらったんですが、ガラケー本体がいると言われてしまい3度目のダメ出しを食らいました。

ちょうどその前の週、友達に、
「ガラケーの事で困ってたんよ、でも元お姑さんの協力で解決しそう!」
と話したら、「Tちゃんがauのお客様センターで働いてるはずだよ~」と教えてくれました。

こんな近くに!auで!しかもお客様センターで働いてる子がいたなんて(@_@;)

なので、彼女に連絡を取り、今までの経緯を話し、
「お客様センターでは本体は要らないと言われたけど、手続きに行ったauショップでは要ると言われた、どちらが正しいのか?」
と訊きました。

口座だけの変更なら本体は要らないはずだという返事だったので、私は意気揚々と山口のauショップに電話し、
「お客様センターに勤めてる知人が口座変更だけなら本体は要らないと言いいました」と主張しました。

しかし、
「契約者本人が来店できない場合は本体を確認することになってます」と言われます。

そこで、ここ2か月、auさんの言うとおりにして3度ダメ出しを出された経緯を話しました。

すると、
「私はYと言います。本体さえ持ってきてもらえば、後の書類は揃っていたので私が責任を持って処理します!」
と言いきってくださいました。

こうなったら本体が要るってことが正しいかどうかじゃなく、窓口はここなんだから、Yさんの言うとおりにしよう
4度目のダメ出しにならないか怖かったけど、Yさんを信じることにしました。

そして、ガラケーを元お姑さん宛に送り、無事、口座変更が出来ました\(~o~)/

その翌日、auに勤めてるTちゃんから、
「すいませ~ん。あれからマニュアルをよく読んでみたら、『契約者本人が直接来られない場合は携帯本体を確認する』とありました」
と連絡をくれました。

結局、1番正しかったのは、お客様センターではなく、田舎の一ショップの店員さんだったんです!
私は感動のあまり、思わずYさんに電話しました。

「広島のショップやお客様センターや、いろいろ問い合わせをして、指示された通りにしてきたけど3度ダメ出しを出されました。
こんな言い方をしたら悪いんですが、結局こんな田舎の小さなショップのYさんが正しかったんです!
もし、最初にあなたに相談していたら、私はこんなに遠回りをしなくてもよかった。でも、遠回りしたからこそ、感動をもらいました。
Yさんに出会えてよかったです!ありがとうございました!」と。

聞けばYさん、携帯業に携わって20年のベテランだったんです!

ああ、やっぱり継続とは力なんだな~
机上だけの業務ではなく、現場力なんだな~
私も、現場の清掃業9年目、頑張らんといけんな~

素晴らしい刺激をいただきました。
しかも、刺激を受けたのは私だけではありません。

お客様センターで働いてるTちゃんから、夜LINEがありました。
彼女は何回か転職してるので、この仕事を始めて、そんなに経ってないはず。

私が、間違った(or完璧ではない)回答に振り回されたことを知り、
『お客様側に立って、知識や技術を磨いていきます』とありました。

今回の件、決してauさんを中傷しようなんて思ってません。

複雑怪奇な携帯業界のルールを一朝一夕には体得できるはずないです。
ことに、私のようなレアなケースなら、完璧な答えを即答するのは至難の業だと思います。

ただ、Yさんのように豊富な知識を持った人に出会える確率が低いのは残念・・・
まだ、出会えただけラッキーなのかもしれませんが・・・

Yさんはauの宝だと思います。


そして、蛇足ですが、
この問題を解決したい!絶対解決してやる!決して挫折するもんか!

そう強く思って、行動し、あちこち発信し、アンテナを張っていたら、Tちゃんがauにいるという情報を得ました。

そして、Tちゃんが調べてくれたから、『本体が要ることが正解だ』と確認でき、今回の感動に繋がりました。

偶然?奇跡?
でも、今回ばかりは、私の強い気持ちが呼び寄せたと思いたい(^_^;)

6月に私の口座から落ちてなければ解除を待つのみです。
母にも新しい携帯を買ってあげなくちゃ!


とりライン


今回、元お姑さんにも甘えてしまいました。

離婚した時、元夫のついた嘘から一時連絡を絶っていましたが、その後、誤解も解け、昔のように可愛がってもらってます。
だからこそ、面倒な手続きを頼むことが出来ました。

やっぱり、人と人との繋がりは大切ですね。







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村
【 2018/05/20 (Sun) 】 もがく | TB(-) | CM(6)

ずっと抱えていた問題を解決できたのは強い気持ちがあったから!

母の使ってるガラケーの名義が元夫のため、機種変も解約もできない案件。

やっと解決できました!(多分)
皆さん、自分のことのように心配してくださり、いろいろアドバイスをいただきありがとうございましたm(__)m

カラ口座を作る→残高不足→督促→無視→解除

この方法に変わりはないんですが、問題はカラ口座の名義人。


一番最初に、お客様センターに照会した時、
「ブラックリストに載ったとしてもあまり影響のない私の母にしたい」と言ったら、
『それがベストです!』と即答されました。

早速、母にカラ口座を作ってもらい、ショップで手続きすると、戸籍謄本を取れと言われました。

提出すると、
「ガラケーの契約者と口座の名義人が他人だからダメ」と言われました。

初めっから何回も元夫と私の母だと言ってるのに、今さら他人だからダメはないじゃん(*`へ´*)

前回はここまででしたが、あれから考えました。
『他人じゃなければいいんだ』と。

またまた、お客様センターに電話し、立て板に水の如く一から説明すると、「最初の回答が間違っていた」と認めていただきました。
そして、実の母親なら大丈夫ですよねと確認し、持参する物も復唱しました。

次に、手続きしてもらえるかどうか、元お姑さんに訊いたところ、即OKをもらいました(* ´ ▽ ` *)

①カラ口座を作る
②戸籍謄本を取る
③ショップに行って口座変更をする

と、なかなかややこしいです。
口頭では、とても理解できない内容なので、行く順番や持参するものをワードで打って郵送しました。

と言っても、元お姑さんも81歳。
今イチ不安だったので、姪っ子(お姑さんの孫娘)が一緒に回ってくれました。

が、そこでまたまた問題浮上!
①も②もクリアしましたが、やはり③auショップでダメ出しが。゚(゚´Д`゚)゚。

なんと!
「契約者本人が店頭に来ない場合は、ガラケー本体を確認しないと手続できない」と言われたそうです。
(契約者が来れば本体は不要)

契約者はフィリピンで行方不明と言ったよね!
あんなに持参するものを念入りに確認したのに!
ガラケー本体なんて、ひと言も言われなかったよ~((((;゚Д゚)))))))

auショップやお客様センターの言うとおりにしたのに、その度にダメ出しを出されること3・回・目!

でも、私は負けないよ!
何が何でも、この問題を絶対解決してやるo(`ω´ )o
そういう強い気持ちだけは揺るぎませんでした

じゃないと、元お姑さんまで巻き込んだのに申し訳ない。
きっと、「自分の息子のせいで元嫁が困ってるから、自分が出来ることはしよう!」と思ってくださったんだから。

後半に続く!


とりライン


皆さんには起こり得ないような話を長々とごめんなさいm(__)m
でも、この件で学んだことが多々ありました。
それをご報告したい!

次回完結です!






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村
【 2018/05/17 (Thu) 】 学ぶ | TB(-) | CM(4)

うっひょー!ダブル受賞だぜー!

S社では、毎年この時期に、全社員全パートに対して、今年度の事業方針の発表会があります。
私は今日参加しました。

初めに会長が今年度の事業方針を発表、次に課長が広島営業所の具体的対策を発表。
そして最後に、恒例の表彰があります。

勤続年数が5年10年15年・・・の人は記念品がもらえます。

次に、前年度の業務において、顕著な働きをした団体と個人が表彰されます。



団体部門では、私が働いているスーパーX店です

去年、X店において、あわやボヤ騒ぎになりそうなことがありましたが、当日出勤していたTさんから私、私から担当社員に連絡し、素早い対応が出来ました。

また日頃の接遇や技術に関しても、X店から高い評価を得ているということで今回表彰してもらいました!

やったーーー

今日は私が代表で賞状と商品券を受け取りました。
明後日が月に1回のふたり出勤日(いつもはひとり出勤)なので、その時ふたりで中味を見ます!


そしてそして、今回は団体だけではありませんでした。

個人部門で、私が表彰されました
うっひょー!ダブル受賞だぜー!

これって、作品賞と主演女優賞みたいなもん!?
ちゃうか!

こっちのほうは、去年から、社内向けの通信を2か月に1回発行してるんですが、無事1周年を迎えまして、今のところ順調に水平展開できてるということを評価していただきました。

同じく、賞状と商品券をいただき、家に帰って中味を見たら5千円!
嬉しーーー


とりライン


何回も繰り返しになりますが、
私は10年前に元夫から「別れてくれ、最初から嫌いだった」と言われた時、心が粉々になりました。

その頃、パニック障害があり乗り物に乗れず、体も弱く体力もなく、誰でも普通に出来ることさえ出来ませんでした。
なので、子ども二人を抱え、どうすればいいのか途方に暮れ、毎日子どもを送り出した後泣いてました。

それから、清掃の仕事に就き、地道にこつこつ働いてきました。

少しずつ元気になってきて、2年前からサイトマネージャーになり、去年から清掃以外の仕事も任されるようになりました。


もし昔の私と同じように、自分に自信が持てない人がこのブログを見ていて下さってたら・・・

こんなダメダメ人間だった私が、少しは会社の役に立てるような存在になったんですよ!
「あなただから出来るんよ、私には無理」と思いますか?
全く同じセリフを私も散々言ってました。

でも、人は変われると思います。
私も変われました、50過ぎてから。

まだ、「ダメダメ人間」から「ダメ人間」くらいですけど。

これからも頑張ります!






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村
【 2018/05/14 (Mon) 】 働く | TB(-) | CM(16)

LINEの友達自動追加のお蔭で繋がった縁

普段、LINEの『友達自動追加』をOFFにしてます。

でも、以前交換してたはずなのに、いつの間にか消えてしまった友達と、どうしても連絡が取りたくてONに切り替えたら、無事友達追加になりました!

他にも懐かしい人たちが追加になってました。

1人は、私が二十歳頃、毎日一緒に過ごしたHちゃん。
今は関西に居ます。

彼女が中学生の時、お母さんが若い男の人と一緒に、ある日突然家を出たそうです。
でも、人生何があるかわかりません。
末っ子の彼女が結婚してから、お母さんが帰って来て、あれから30年、今でも夫婦二人暮らしをされてるそうです。

Hちゃんとは長い間、年賀状のやり取りだけでしたが、これからはもっと頻繁にお喋りできます!
夏前に広島に帰省するそうなので、必ず会おうねと約束しました。

もう1人は、15年くらい前、社宅が一緒だったFさんです。

社宅は3軒目でしたが、みんな仲が良くて、元夫も(浪費病が)1番安定してて、とても穏やかに過ごせた3年間でした。

誰かが転勤になる度に飲み会をしたり、みんなでバーゲンに繰り出したり、夕方になると子ども達を遊ばせながら井戸端会議をしたり。

長男は小学生~中学生、次男は幼稚園。
あの頃を社宅で過ごせたのは、とてもしあわせだったな~

FさんからのLINEに、
『私が引っ越す時に書いてもらった色紙(寄せ書き)の、りりたさんのメッセージに、今も勇気とパワーをもらってます』
とありました。

もちろん、なんて書いたかなんて覚えてません。

でも、
『私もFさんが「りりたさんみたいな人には、この先2度と会えないと思う」って言ってくれたことを覚えています。私は、それをいい意味に捉えたので、心が折れた時に思い出しては支えてもらいました』
と返信しました。

そして、
『りりたさんと連絡が取れてよかった!嬉しい!』
と返ってきました。

そう、ここ10年くらい、いつのまにか疎遠になったのではなく、私が年賀状を止めたんです。

元夫から別れたいと言われ、我が家がガタガタしてることは、当時、社宅の人にも相談したりしたので、遠く離れたFさんの耳にも届いていたはず。

その2年後、元夫は解雇になりました。
今まで、解雇の理由を伏せてましたが、“肩たたき”とかではなく、元夫が何かやらかして解雇になったのです。

憶測ですが、会社の名刺を使って副業をしていたのではないかと思います。

そんなこともあって、元の会社関係の人たちと一線を引きたいと思い、年賀状を止めてしまいました。

会社関係だけではありません。
関東生活で知り合った人たち、もう2度と会わないであろう人たち、毎年添え書きするのに困る人たちも、ばっさばっさと切ってしまいました。

あの時私は、自分に自信が持てなくて、消えちゃいたい毎日で、私の事をみんなの記憶から抹殺したかったのです。

でもね、今、こうやって暮らしているのは、いろんな人たちに助けられたお蔭。
人間、最後に残るのは、人と人との繋がりしかありません。

こうやって、私と再び繋がった事を喜んでくれる人がいる・・・
なんてありがたいんだろう・・・

今度こそ死ぬまで大切にします。






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村
【 2018/05/11 (Fri) 】 | TB(-) | CM(4)

婚活やめようかな

ゴールデンウイーク明けが雨なんて、朝からテンション

GW後半。
3日から喉が痛くなり、4日の午前中仕事をして、午後からダウン。
5日は貴重なお休みだったんですが、終日ダウン。

6日の午前中仕事をして、またまた午後からダウン。
夜になると熱が上がります。

今日は、午前仕事、午後会議。
明日は日帰り出張です。

こんなハードな時に体調を崩すなんて・・・
いつもの如く自律神経ご乱調で体温調整が出来なかったんでしょうね。



つらつら浅い眠りの中で、ぼんやり考えたのは、
「婚活やめようかな」です。

2月に飲み会に行き、それなりに楽しかったので、4月も申し込んだんですが、あまりの忙しさにキャンセル。
5月も忙しいから、6月頑張ろう、なんて思ってました。

でもね、今回のように体が弱った時、考えるんです。
やっぱり最低限元気じゃなきゃ、相手に失礼だよねって。

離婚に至るまでの7年間が、相当私の体にダメージを与えた上に、母との同居も結構なストレスになりました。

ましてや他人と暮らすなんて・・・やっぱり無理だわ 出来ないわ

だって今の私は・・

お休みの日は、9時とか10時とかまで寝てるし、ごはんも母とふたりなので大したものは作ってません。
(なので、子ども達が帰ってきた時、若者料理を作ると疲れます)

基本、仕事以外の生活全般が手抜きです。
それで、どうにか仕事とのバランスをとってます。

夕ご飯を食べて、片付けて、お風呂に入ったら、スイッチoff。

後は座椅子にもたれかかり、録っておいたドラマを見るだけ。
夜は数十歩しか歩きません。

こんな私はどうですか?なんて、とても言えないよーーー!
婚活やめようかなじゃなくて、まずは婚活する資格がないやろー!です。


とりライン


、『極上の孤独』という本がベストセラーになってるらしいけど、極上まではいかないにしても、『それなりの孤独』くらいは目指したいと思います。





もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村
【 2018/05/06 (Sun) 】 出逢い | TB(-) | CM(4)

長男の言葉と私の異母兄の事が重なりました

私には異母兄がいます。
もう50年以上会ってませんが、実兄からの古い情報では、京都にいるんではないかという事です。

私が小学校1年生の時、祖父が亡くなり、よそで暮らしていた私たち一家が実家に帰ることになりました。

その祖父のお見舞いに行った時だと思います。
実家に寄ると、Kちゃんが居ました。

私の実兄は、いつも私をいじめてばかりでしたが、Kちゃんはとても優しくて、大好きになりました。
何日間か、何回か覚えてませんが、3人で馬跳びをして遊んだことを覚えています。
わざと高くして、私が跳べないようにする実兄。
すると、Kちゃんが脇を抱えて跳ばさせてくれるのです。



父と母とKちゃんのお母さん(Tさん)。

Tさんは死ぬまで籍を抜かなかったので、父と母は婚姻届を出すことが出来ませんでしたが、世間的には、私たちは普通の家族に見えたと思います。

一方、Kちゃんはどうだったのか?

私たちが実家に帰って来るまでは、祖父や祖母とあの家で暮らしていたのかもしれません。
端午の節句を祝って、Kちゃんと祖父が床の間の前で、着物を着て撮った写真がありました。

祖父が亡くなって、私たちが実家に引っ越してきた時、Kちゃんはいませんでした。

Kちゃんはどこで暮らしていたの?
祖母が度々出掛けてた先はどこ?
お母さんと一緒に暮らしていたの?

高校までは、わりと近くに住んでたみたいですが、父はこっそり会いに行っていたのでしょうか?(そうであってほしい)

いつか忘れましたが、(父の?)戸籍謄本を見た時、Kちゃんと私の実兄の誕生日が1年しか違わなかったことに驚きました。

揉めたんだろうな。
そりゃ、意地でも籍は抜かないわな。

Kちゃんは、どんな思いで生きてきたのかな。
私がTさんなら、私がKちゃんなら・・・

私たちがKちゃんの人生を狂わせてしまったのかな。
私たちがKちゃんのしあわせを奪ったんだね。

なのに何にも知らず、父の膝を独占していた私。

Kちゃんの事は、叔父や叔母も誰も口にしませんでした。
Kちゃんは何にも悪いことをしてないのに、まるで初めから居なかったような存在になってしまいました。

私の周りでKちゃんを知っている人は、みんな死んでしまいました。
母以外・・・
さすがに母には訊けませんし、話したがり屋の母でさえKちゃんの事を1度も口にしたことはありません。

Kちゃんの事を想うと、ずっとモヤモヤしています。
本当の事情を知りたかったと。
(知ったところで何も出来ませんが)

なので私は、息子達に、離婚に至るまでの経緯をちゃんと話そうと思います。

長男から、「父ちゃんの事どう言えばいいん?」と言われてよかったです。
自分の親の事で、一生モヤモヤしたくないよね。

次男も今月で二十歳。
3人顔を揃えた時に話します。


とりライン


元夫とは7年も別居状態だったんですが、子ども達は、単身赴任で仕事が忙しいから滅多に帰れないんだと信じてました。

それが、ある日突然離婚すると言ったのだからびっくりですよね。

つくづく、私は子どもの気持ちをり理解してなかったな~と猛省しています。






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村

【 2018/05/04 (Fri) 】 気づく | TB(-) | CM(6)

急に帰ってきた長男の発言に考えさせられました

28日の夜、長男が帰省しました。

今回は、一緒に本屋さんに行き、その中にあるTULLY'Sに寄り、久しぶりにゆっくり話せました。(←春休み、次男と行って教えてもらった)

おばあちゃんのガラケーの事で困ってる話、次男が単位を落として心配してる話、仕事の話などを聞いてもらい、長男の近況も聞きました。

バレンタインに『星の王子さま』のチョコを贈ったんですが、他からも同じチョコをもらったことがあると言ったので、
「Hey(長男)は鳴かず飛ばず?」とストレートに訊いてみると、

「仮に、そういう相手がいたとしても、今の広島の家には連れて来たくない」と言います。

ここから私の心の声
↓ ↓ ↓
ふ~ん、
お母さんは、この小さなマンション、暮らしやすくて、とっても気に入ってるけどな・・・
一軒家に住んでた時は苦しかった。
住宅ローン、固定資産税、苦手なガーデニング、夏暑くて冬寒い。

でも、やっぱり、若者は見てくれなのかな・・・
貧乏でも、人として魅力があるかどうかが大切だと思うけど。




「お母さんの友達の息子さんね、今度母子家庭の子と結婚するんだけど、家が狭いからって外で親同士の顔合わせをするんだって。それに東京から広島に初めてきた時も、泊まったりすると迷惑だからと言ってホテルを取ったらしいよ。だから、家を見せたくないんなら、そういう事もできるし。」と言いました。

すると、
「それはいいにしても、父ちゃんの事はどう話せばいいん?」
と言います。

そうか~そんな事を考えていたのか。
そりゃそうよね~

実は、子ども達には本当の理由を話してないんです。
だって、本当のことを言うと、父親の悪口になってしまいそうだったから。

なので、
「お父さんは、借金をいっぱい抱えてしまい、これ以上一緒に居ることは難しいから離婚することになった」
としか言ってません。

これじゃ、もやもやするよね。

いつか、息子達に本当の事を言わなくちゃとは思ってます。
それを各々自分の中で消化して、相手に話してもらうしかないかな。

私ひとりだけがスッキリしてたんだなと、あらためて反省しました。






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村
【 2018/05/01 (Tue) 】 気づく | TB(-) | CM(8)