FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

次男のスーツ選びで紳士服店の店員さんを泣かせてしまった

先週末、近くの大型紳士服店が完全閉店になるらしく広告が入ってました。
あんまり乗り気でない次男でしたが、閉店を口実に連れだし、ついでにその界隈にある他の2店も覗いてみました。

1軒目。
30代後半?の女性店員さんが対応してくださったんですが、
次男にすると初めてのスーツ選び、サイズさえわかりません。

次男には「試着って面倒だよね、ごめんね」というニュアンスの言葉を掛けながら、
肩幅、袖丈、ウエストなどを入念にチェックしてくださり、
私のイメージする希望を熱心に聞いて、候補のスーツを選んでくださり、
その対応がとても心地よいものでした。

すごく気に入ったスーツが見つかったんですが、
1番最初に「今日は下見である」ことを伝えておいたし、
「ここは1軒目で、他の2店も覗いてみたい」と正直に話したところ、
2,3日の取り置きは可能ですが・・・と言われました。(全く威圧感なし)

色も柄も理想的なスーツだったので、ではお願いしますと言って名刺を頂きました。

続いて、2店めは20代の男性店員の方。
こちらの希望より、「今はスリーピースが人気です」と押しつけて来られます。

早々に3店目。
もう次男は車で待ってるとお店にも入らず(当たり前ですよね(-_-;))
50代の女性店員さんの対応は近所のおばさんみたいでした。

同じ大型紳士服店だから、各社それなりに接遇教育をされてると思いますが、
この違いは何!?

結局スーツはどうしたかというと、
「自分はスーツのこだわりがないから何でもいい、だから、この先はっきり行き先が決まったら、その時にあるものを買えばいい」
と次男から言われ、
「その通りよね、母が勇み足でしたm(__)m」と反省し、今回は買わないことに決定。

取り置きのキャンセルは電話でもよかったんですが、
どうしても、1軒目の店員Sさんに直接説明したくって、昨日行ってきました。

まず、次男の考えを話し、私が勝手に急ぎ過ぎたことを詫び、
次に、「Sさんの接遇マナーが素晴らしかった、私も会社で度々接遇教育を受けているけど、言葉遣い、気遣いに感心しました」
と話しました。

すると、Sさんの目がうるうるしてきて、「嬉しいです、ありがとうございます」と目頭を押さえられました。

接遇が素晴らしかったと正直に言っただけなのに、こんなに感動されるなんて。
きっと、その笑顔の裏には、いっぱい苦労があるんだろうな、頑張ってるんだな
と思うと、こちらまでもらい泣きしそうになりました。

『今は就職浪人だけど、もし行き先が決まったら、絶対Sさんのとこでスーツを買わせていただきます』
と約束して帰りました。





もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村
スポンサーサイト



【 2021/02/25 (Thu) 】 言霊 | TB(-) | CM(18)

別シチュエーションで聞いた同じセリフ「言い方がね・・・」

初めはパワハラじゃないかと思うほどキツかった介護施設のリーダーさんとも、今では冗談を言いあう仲になりました。
(そもそも問題にならないほど私の飲み込みが悪く、即戦力の欲しい職場の足にぶら下がり状態だったのが原因です)

リーダーさんが私をお荷物扱いしていた頃、遠慮していた他のスタッフ達も、
リーダーさんが大絶賛してくれて以降、打ち解けてくれるようになりました。

中には、「りりたさんと同じ日にシフトに入りたい」と言ってくれる人もいて、
「ありがとう!そう言ってもらえるだけで嬉しい!」と素直に喜んでおります(●^o^●)

そのリーダーさんが先日、本社の上司と面談したそうなんですが、

「やっぱり私、あの上司は好きになれん。なんか言い方がね・・・また、ふたりっきりの時にゆっくり聞いて!」
と言ってくれました。

でも、私は“あの上司”さんが好きなんだけど。
常識も思いやりも備わった方がどんな言い方をされたか気になります。


それから1週間も経たない昨日。

他の職場のスタッフさんから電話が架かって来ました。
昨日はミーティングがあり、お昼に会ったばかりなのに。

聞けば、ミーティングの後、社員さんにこれからの働き方について相談したところ、
会社の都合ばかりを言われた印象を受けたみたいで、
「なんか社員さんの言い方が…何であんな言い方されるんでしょうか!?」
と怒ってました。

「元々あっけらかんとした人で、さばさばしてて、そこが彼女の持ち味なんよ」と説明したんですが、
以前も、何か不信感を抱くようなことを言われたようで、
それをまだ引きずっているから、またか!って過剰反応したんでしょうね。

こんな短期間に別々のシチュエーションで聞いた同じセリフ。
「いい方がね・・・」


それで思い出したんですが、
長男が小学生の頃、PTA総会である問題について話し合ったんです。

初めに、Aさんが感情を込めて自分の意見を必死で訴えた時には、会場がザワつき「そんなこと言われたって」という感じでした。

その後、
今度はBさんが落ち着いた口調で丁寧に趣旨を説明したところ、多くの保護者が賛同する結果となりました。

実はAさんとBさんの意見は同じものだったんです。

言い方って、やっぱり大事ですね(勿論気持ちがこもっていることが大前提です)。







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村
【 2020/11/12 (Thu) 】 言霊 | TB(-) | CM(6)

言霊って恐ろしい

※今回は、悪口とも受け取れる内容です。こういう話題が苦手な人はスルーしてくださいねm(__)m


時々登場してくれる“完璧さん”

だんだん、そのお人柄を知るにつれ、
“完璧さん”というよりは、どちらかというと“クレームさん”?

些細なことでクレーム発言し、自分の思い通りになるまで言い続ける。
相手が得意先であろうとお構いなし(同僚は尚更標的に)。

『自分は正しい』と思っての発言なんだけれど、
言われる内容は、みんなのためではなく、自分のためばかり。

だから、
「彼女に雇われてるんじゃない!」と陰で言われている。


逆に、
「今度からこうしてください」なんて口が裂けても言えない。
仕事が増えること、何か変更になることが大嫌いだから。

「こういうことがありました」「こうしておきました」と連絡すると、
なぜか立腹される。
何を言ってもやっても、お気に召さない。
そもそも初めから地雷だらけだから1発2発踏むこと覚悟で報告する。

クレーム内容を聞くと
「そこ!?」「そんなことで!?」と、
毎回、突っ込みを入れたくなるようなことばかり。
まさに重箱の隅をつつかれる。


クレームを受け入れても、また次のクレームを見つけてくる。
クレームエンドレス。

新人さんがブチ切れるはずだ。


ところが、

なぜか、彼女の出勤の日に限って、
トイレが汚かったり、
従業員さんが誤って牛乳パックを落としたり、
水漏れがあったり、
手間のかかるアクシデントが起こる。

これって偶然じゃないよね。

やっぱり文句の多い人には、文句を言いたくなるようなことが起こるんだ。
言霊って恐ろしい。






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村





【 2020/11/07 (Sat) 】 言霊 | TB(-) | CM(6)

最近感動したドラマの中のセリフ3つ

母が転倒してから2か月が経ちました。

90歳で転倒したら、骨折⇒寝たきりになってもおかしくありません。
しかし、母は3度目の転倒も奇跡の復活を遂げました!

転倒2週間目頃から少しずつ動けるようになり、
1か月半を過ぎた頃から、めきめきと回復し、
今では家の中も外も、何もつかまらずに歩けるようになりました。

トイレは1か月過ぎくらいからひとりで行けるようになり、
最近は、お風呂もひとりで入れるようになりました。

とはいえ、
転倒前より体力がすっかり落ちてしまったので、午前、午後、夕方とよく寝てます。
夜も8時には床につくようになったので、そこからはひとりきりの時間です。

録画しておいた10月スタートの新番組を見るのが1番の楽しみ♪

その中から、感動した3つのセリフをご紹介します!


まずは『スカーレット』

下宿屋さんの女中見習いとして雇われた喜美子。
古くから仕えている大久保さんに下宿での仕事を叩き込まれます。
そして、仕事以外にも破れたストッキングの補修までさせられ、
その怒りを大久保さんに見立てた枕にぶつける日々。
そんな時、『新聞社の雑用係』という転職話が舞い込みます。
しかも、お給金は今の5倍。
悩んだ末、喜美子が出した答えは、
「女にも意地と誇りがあるんじゃーーー!大久保さんに認められるまで今の仕事を頑張る」というものでした。

それよ~!
私にも意地と誇りがあるんじゃーーー!リーダーさんに認められるまで頑張る!

と言いたいところですが、
リーダーさんは、人を認めるような事はしないと思うので、
他のスタッフと比べ、遜色ないレベルに達するよう頑張ります!


次に『G戦上のあなたと私』

日頃から同居している姑にいびられている幸恵。
姑が2泊3日の温泉旅行に出かけた日、自宅にバイオリン教室仲間の也映子と理人を招きます。
幸恵の娘のピアノに合わせ練習をしてると、突然、姑が予定を1日早めたと言って帰ってきます。
也映子達を家の外まで見送りに出た幸恵。
「わざとよ。ホントは初めから1泊2日だったのよ。今日みんなと練習することをすっごく楽しみにしてたのに…」と泣き出してしまいました。
すると、理人が、
「泣いてはダメです。もしわざとだったとしても、楽しくしてれば、こっちの勝ちだ」と言って励ますのです。

それよ~
同じ注意をするんでも、後味の悪い言い方(または表情)をするリーダーさん。
わざとなのかな~、私を辞めさせたいのかな~、私のこと嫌いだよねって思います。

でも、私が楽しく働いてれば、こっちの勝ちだ!


最後は『俺の話は長い』

姪(中3)「どうして人生の大事なことに限って誰も教えてくれないんだろう」
叔父   「たいていのことは傷ついて覚えるしかないんだよ」
姪    「そんなの辛すぎる」
叔父   「若いうちだけだよ」

いやいや、
年を取ってからも傷つきながら学んでいます。
しかも、若い頃より傷は痛いし治りは遅いし。
(でも、手当の仕方は年とともに上手になって来てるかな)


皆さんは、秋の夜長をどうお過ごしでしょうか?






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村

【 2019/10/28 (Mon) 】 言霊 | TB(-) | CM(0)

私をハイにしてくれる言葉『大変なことは素晴らしい!』

元夫から別れてほしいと言われてから離婚するまで7年かかりました。
その間、ずっと相談に乗ってもらった友達が年賀状に書いてくれた言葉。

大変なことは素晴らしい!

この言葉の意味が骨身に沁みて解ったのは離婚した後でした。

7年間、大変だったけれど、それ以上に得ることのほうがはるかに上回りました。
『大変なこと』とは、無限の贈り物なんだと思います。

そして、この度、ちょっぴり大変なことを引き受けました。

S社では業務の質を高めるためQC(Quality Control)活動に力を入れてます。
年に1回各営業所の予選を勝ち上がったチームが全国大会で発表します。

私は2年前に参加し、金賞をいただきました!

とても有意義な取り組みなんですが、日頃の清掃の仕事と家事育児で忙しいパートさん達。
これ以上、余分なことを背負いたくないというのが正直なところです。

一昨日の会議の時、課長から、誰か出てくれないかとふられました。
(誰か役員を引き受けてくれませんかという雰囲気に似ています)

話し合った結果、今回はスーパーFを担当しているサイトマネージャーチーム(5名)で出ることになりました。

発表予定の中味は・・・

2年前の発表を機に、『S通信』というチラシを2か月ごとに発行しています。

資機材庫の整理整頓、文書整理、清掃方法の知識など、全店で共通認識しておきたいことをメインに、お知らせやお願いも掲載しています。

でも、それが果たして皆さんの役に立っているかは把握できてません。
なので、アンケートを実施し、現状を把握、問題点を抽出し、改善していこうという構想です。

2年前のQC発表からスタートしてるし、S通信も私が主に作成してるので、当然りりたが中心ね!みたいな雰囲気になりました。

こりゃ、いっちょう頑張らんと!です。

また、アンケートを作って、まとめて・・・と考えると、たいぎい。
でも、それは序の口。
1番大変なのは、そこから分析し問題点を洗い出し改善を試み結果を引き出さなくてはいけません。
さらに、それら全てをQC発表の手法に乗っ取ってまとめていきます。

もし、全国大会となると、(社員さんが)パワーポイントを作って、何回も本番さながらの練習をします。

2年前を振り返ると、あの時は我ながらよくやったなと思います。
家でも、原稿を何度も書き直したっけ。
あーあ

でも・・・
そう!

私をハイにしてくれるあの言葉!

大変なことは素晴らしい!

12月の予選、来年2月の全国大会を目指して今月から早速取り組みます。


とりライン


8月はホテルの稼ぎ時ですが、人手不足のため3回ヘルプに入ります。

ベッドメイクは大変と聞いていたので今まで敬遠してましたが、昨日初めてさせてもらいました。

案外好きかも!向いてるかも!

またまた新しい自分を発見!






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村








【 2018/08/09 (Thu) 】 言霊 | TB(-) | CM(10)