FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

もう1度読みたいという“念”だけで半世紀ぶりに出逢えた本

今月は2連休が3回あります!(奇跡のよう!)
1月1日2日と、あと有給消化が2回。

2連休っていいね!
1日目にフル回転で用事を済ませ、2日目はのんびり~

のはずなんですが、そうもいかないんですよね・・・

会社からの宿題があり、
毎年1月締め切りの作文と
不定期の読書感想文が重なってしまったんです。

嫌なことは早く済ませなくちゃと思い今日頑張って書き上げました。
最後の有給消化だったのにー(T_T)

それでも、いつもの月よりゆっくりする時間があったので、
先日、久しぶりに中古本コーナーを覗いて3冊購入しました。

今、中國新聞に宮部みゆきさんの
『三島屋変調百物語~よって件のごとし』が連載されてて毎日楽しみにしてます。

あまりミステリーを読んでこなかったので、
1冊は、同じく宮部さんの『火車』にしました。

2冊目は、小川洋子さんの『ブラフマンの埋葬』
これは、ずっと前、たしか新聞の推薦本か何かで紹介されてて、
いつか読みたいと思い手帳に書きこんだ記憶がありました。

そして3冊目は、児童書です。
今回は時間があったので絵本コーナーもじっくり見ました。

私は子どもの頃から高校性くらいまで、本を読まない子でした。
その数少ない既読本の中で、もう1度読み返したいとずっと思っていた本があります。
実家にはなかったから、滅多に行かない図書室でたまたま借りたのでしょう。

小学生の頃、雑誌の付録で紙製の着せ替え人形がありました。
もちろん洋服も何枚か付いているんですが、それだけでは物足らず、
こんな服を着たいな~なんて想像しながらオリジナルのデザインを白い紙に書き、色を塗って、切り取り、
付録の人形に着せて遊んでいました。

だから、本の題名だけで選んだのではないかと思います。
『100枚のきもの』
(今は、時代に合わせて『100枚のドレス』に改訂されています)

amazonでも検索はしてましたが、絵本や児童書は中古でも結構高いので、自分のために買うのは後ろめたさがあり・・・

半世紀ぶりにその本に出逢えて、これこそ本当に奇跡のよう!しかも半額!
やっぱり、“念”って凄いですね!
『雨垂れ石を穿つ』って感じ?ちゃうか!





もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村

スポンサーサイト



【 2021/01/19 (Tue) 】 琴線本 | TB(-) | CM(12)

ヒロミさんの人生を変えた『置かれた場所で咲きなさい』

今まで、琴線本は何冊もあるけれど、ここ2,3年では、やっぱり『置かれた場所で咲きなさい』が秀逸です。

離婚してから、なんとなく相談されることが増え、悩みを聞いた後に必ず、「私のバイブル本なんよ!読んでみて~」と勧めています。

1か月前のブログ、『一生の終わりに残るものは、我々が与えたものだ』も、この本からの引用です。

昨日の金スマに、著者の渡辺和子さんが出演されるということで、録画して観ました。

冒頭に、いきなり、タレントのヒロミさんが登場され、
「なんとなく手に取って、読んでみて考えさせられた。
もし、この本を読んでなかったら、芸能界に復帰してなかったかもしれない。」
そう言われてました。

ヒロミさんといえば、最近毎日のようにTVに登場され、大活躍していらっしゃいます。
以前のとんがったところを残しつつ、いい意味で丸くなられたというか、
以前は、本来持ってる優しい自分を、一生懸命尖って見せておられたのかもしれません。
なんだか、ひだもあるけど可愛らしさもあって、魅力的な男性になられましたよね。

そんなヒロミさんの人生を変えた本、『置かれた場所で咲きなさい』
※ ヒロミさんって、自分に必要な言葉を引き寄せ、咀嚼することの出来る人なんですね~

私は、『はじめに』を読んだだけで、泣けました。


咲くということは、仕方がないと諦めるのではなく、笑顔で生き、周囲の人々も幸せにすることなのです



人それぞれ、琴線に触れる部分は違いますが、誰が読んでも、うるうる来る言葉に出逢えると思います。

1回目にスルーした言葉が、2回目読んだ時には、ホイットニー・ヒューストンのI Will Always Love Youが流れるかもしれません

 付箋だらけです


DSCF2614_convert_20151031225557.jpg


line04.gif


今、もがいてる方にぜひ読んでいただきたいんですが、TVの力って偉大です。
この間まで、中古で200円くらいだったのに、今日は1000円前後?それって新書の値段だし






もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村



【 2015/10/31 (Sat) 】 琴線本 | TB(-) | CM(6)

『人生の暗号』の紹介

6年前、入院中の友達に贈ろうと、本屋さんで何げなく手にした『人生の暗号』(村上和雄著)

神さまは、人のために何かしようとする時、動いてくださるんでしょうか。

読む度にやる気を与えてくれるこの本は、そばに置いておきたい本の1冊になりました。

人と人、人と出来事、人と物は、一見バラバラのようでありながら、相互に関連性をもっている。それが「人生の暗号」だと私は考えています。


そうなんだよね。人生は、出逢いとタイミングの連続。その都度都度に一生懸命選択したり、偶然のように思えたけど、振り返ってみると、自然の流れだったような気がする・・・


人間が考えたり行動することのほとんどすべてに遺伝子が関与していて、遺伝子暗号に書かれたこと以外はわれわれの身には起きてこない


ということは、ある程度決まってんだから、後悔したり、不安を育てたりするのは無意味なのかも・・・

人間は、約60兆個の細胞からできており、その細胞一つ一つの中に30億の遺伝子があります。しかし、実際に働いてるのは、その5~10%にしか過ぎません。ほとんどが、眠ったままです。

この遺伝子は、電灯のスイッチのように、点けたり消したりできるのです。

よりよく人生を生きるためには、よいスイッチをONにして、悪いスイッチをOFFにすればいいそうです。

じゃあ、どうやったら、よい遺伝子を目覚めさせることが出来るのか。

①思い切って今の環境を変えてみる
②人との出会い、機会との遭遇を大切にする
③どんな時も明るく前向きに考える
④感動する
⑤感謝する
⑥世のため人のためを考えて生きる


②~⑥は、心がけ次第で、毎日励行できますよね。

①は、引っ越しとか、転職とか、留学、もちろん離婚とかもね、機会は少ないですが、せっかく環境が変わったんだったら、それを活かさないと、もったいない!
私なんて、大チャーンス

著者は、世界的な遺伝子科学者でもあり、実家が天理教を信仰されてるからか、自己の経験を、科学と精神世界の両面から分析されてて、引き込まれるものがありました。

なんか、理系苦手な私ですが、この本を読むと、科学にロマンを感じたりして

この本との出逢いが、私にとって、人生の暗号の一つだったと思います。

⦿ 人生の暗号見落とさないように素直に愚直に正直に生きる


line04.gif


この本の中で、村上氏は親から「早起き、働き、正直」が大切と教えられて育ったとありました。

スーパーの開店前の清掃のバイトは、私に、『早起き』と『働き』を、与えてくれました。
どっちも苦手だ(←正直な気持ち)けど、人生の修行、修行!
8月末から2店かけもちで、お疲れ気味ですが、絶対これも意味があるはず、頑張るよ!

明日は、貴重なお休みです!
今から、録画しといた『Nのために』を見て寝ますね!




もしも、心に触れるところがありましたら、お手数ですが『シングルママ』『拍手』をぽちっとしてください。とても嬉しいです。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村
【 2014/11/14 (Fri) 】 琴線本 | TB(-) | CM(0)