FC2ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

パーソナルディスタンスをキープする人

Mさんは私と同期入社。
研修を一緒に受けたのは10年前です。

職場が違うので、あまり顔を合わすことがありませんでした。

4年くらい前、私がマネージャーになったので、月2回のミーティングで会うようになり、
帰る方向が一緒なので、いつしか私の車で送って行くようになりました。

4年間×月2回×ふたりきりの密室(車)30分
こんなに会っているにもかかわらず、
Mさんとの距離が不思議なくらい縮まらないのです。

車の中では仕事の話が大半ですが、
時には、母や子どものことを話したりするのは私だけ。

Mさんから、家族や友達といったプライベートなことを一切聞いたことがないし、
Mさんから、「ねぇ、聞いてくれる?」ってこともありません。

多分彼女は周りの人に対して、ソーシャルディスタンスではなくパーソナルディスタンスをキープする人だと思います(私には絶対出来ない)。

先日。

「そんなことないよ、りりたはよくやってくれてるから助かってるよ」と、
お世辞にも労いの言葉が1番に返って来るだろう・・・
と予想して話を振ったのですが、
Mさんが瞬時に返した言葉は「えっ!」っと思うものでした。

その予期せぬ返事をきっかけに、
今までスルーしてきたMさんの言葉が次々と思い出され、モヤモヤが胸いっぱいに広がりました。

このモヤモヤの正体が知りたくて、信頼できる他のマネージャーに相談したところ、
「Mさんとりりたは水と油。全く違うタイプだから合う訳ないよ」と言われました。

そういえば、Mさんと私を例えるなら要塞と窓ガラス。

なーんだ。
ま反対だけど、ケンカもせず、気まずい思いをしたこともなく、この程度のつきあいが出来てるんだったら上出来か!

一気にモヤモヤ解消!
今くらいのパーソナルディスタンスをキープするのがベストと答えが出ました!(っていうか、すでにされてるし(^_^;))


それにしても、人を駒のように扱うような言葉はショックだった・・・






もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村
スポンサーサイト



【 2020/11/25 (Wed) 】 | TB(-) | CM(6)

厄介な人

ご無沙汰してます!
1週間ぶりくらいにパソコンを開きました(^_^;)


私がスーパー本社のヘルプに入っている間、いつものスーパーA店には“新人さん”が入ってくれてます。
先週の土曜日、30分だけ新人さんの様子を見に行きました。

スーパーA店には、以前紹介した厄介な人=“完璧さん”がいます。
3月の終わり、完璧さんと少し距離が縮まったと報告したんですが・・・

≪私が把握してる完璧さんのこだわり≫

モノがぎゅうぎゅうに置いてないといけない
洗剤やアルコールは常にこぼれるほど満タンに補充しないといけない
重いものは嫌だ
作業が増えるのは嫌だ
動線が伸びるのは嫌だ
でも完璧にキレイにしないのが1番嫌だ


しかし、新人さん情報によると、
完璧さんの『こだわり』は私が把握している以上でした。

バケツの取っ手の位置やスプレー洗剤のノズルの向きまで決まってる(@_@;)
布クロスやフィルターも固いブラシでこすって洗う(だから傷みが激しいんだ)
漂白剤、洗剤はたっぷり使う(だからなくなるのが早いんだ)
チリトリは毎回洗う(そんな人見たことない)
etc.

会社は、そこまで求めていません。
あくまで完璧さんだけのこだわりなんですが、
何が厄介かと言うと、そのこだわりを他の人にも押しつけることです。

完璧さんの数か月あとに入った“中堅さん”。
完璧さんのやり方に辟易しながらも、教えられた通りにしないと注意されるので完コピせざるを得ないそうです。

今回、新人さんが、
完璧さん、中堅さん、私の誰か一人に必ずついて研修したことで、他の人の情報を知ることが出来ました。

私達から見ると、完璧さんのやり方がストレスだけど、
完璧さんから見ると、私のやり方がアバウト過ぎてストレスだろうな~(^_^;)


とりライン


先々週、スーパー清掃が終わって買い物をしていたら完璧さんに出会いました。

その時、
「担当社員さんのひと言にブチ切れて、しかも相手の迫力に押されて何も言い返せなかったことで、さらに怒りが倍増した」と、声を震わせながら話されました。

聞けば、3週間前の出来事だとか。
そんな前のことを、まだ声を震わせるほど怒ってるの!?

やっぱり私にとっては『厄介な人』だわ。







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村
【 2020/06/01 (Mon) 】 | TB(-) | CM(10)

専業主婦、BMW、子どもは京大、だけど母子家庭出身!

買い物をしてたら、久しぶりにママ友Sちゃんに会いました。
最初は立ち話だったんですが、お子さんのことで悩んでる様子。
「時間があったらイートインで話さない?」と誘いました。

席を決めると、
「先にお手洗いに行って来るね」とAちゃんが席を立ちました。
よかったーーー!

実は、1,2年ぶりに会ったので名前が出て来ない(-_-;)
なんでだーーー!?

Sちゃんがいない間にスマホのアドレスをア行からチェック。
お願い!マ行とかじゃありませんように!
必死で見ていくと、ありました!
よかった、サ行で・・・


Kくんは広島でもトップクラスの高校に進学したことは知ってました。
そして、この春、大学生になったそうです。

「東大?」って訊いたら、「京都なんよ」との返事。

これなんよね~
Sちゃんは決して「京大」とは言わない。
この奥ゆかしさが好き❤

ずっと専業主婦。
おうちはマンションの最上階。
車はBMW。
お子さんは京大。

鼻高さんがチラついてもおかしくない環境なのに、いつも素朴でホンワリ優しいお人柄。
話してると、心が和みます。

華美な服装をすることもなく、普通の爪、お化粧もしてるのかしてないのか程度。
左手にしてる指輪はキラキラ本物の輝きを放ってはいるけれど、小粒で繊細。

実は彼女。
母子家庭出身なのです。

幼い頃に両親が離婚。
お母さんが3人のお子さんを育てました。

だからなのかな。
以前、おうちに遊びに行ったことがあるけど、身の丈をわきまえてる人だなって思いました。

なんだか私も、たとえ両親が揃ってなくても、しあわせな結婚をしてる人がここに居るっていうだけで嬉しくなってきます。


K君の話は、『初めてのひとり暮らしを頑張ってる故の裏返し話』じゃないかと思ったので、うちの次男の話を参考までにしておきました。

こんなに素敵なお母さんに育てられたんだもの。
ひとかけらの心配もない!大丈夫!







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村
【 2019/04/26 (Fri) 】 | TB(-) | CM(6)

職場の人間関係~毒を吐く人

2か月に1回集まる女子3人会。
みんな、見た目は優雅なマダム風(私も仲間に入れてね!)ですが、山越え谷越えの苦労人達です。

今回、Aちゃんが浮かない顔をしていました。
原因は、職場の人間関係です。

1番遅く入社してきたBさんは、以前も同じ業種のパートをしていました。

即戦力が入ってくれたと他のスタッフさん一同喜んだのも束の間。
ここはこうしたほうがいいと口を出したり、勝手にやり方を変えたりと、暴走し始めました。

それが理にかなったものならば納得できるんですが、どう考えても今までのやり方のほうが断然いいことばかり。

他のスタッフさんもAちゃんも、小さな我慢が蓄積し、Bさんと同じシフトの日が憂鬱になっていきました。

先日も仕事のやり方で揉めたそうです。
みんなで話し合った結果、Bさんの意見は通りませんでした。

すると、Bさん。
今の支店ではなく、別の支店に移ると言い出しました。

そして、社員さんや別の支店のパートさん達に、
「話し合ってる時、Aちゃんが睨みつけたから、もう今の支店では働きたくない」と言ったそうです。

社員さんや別の支店の人たちは、Bさんの言葉を鵜呑みにし、
「なんでそんなことしたんかね」と、ベテランのAちゃんひとりが悪者になってしまいました。

Aちゃん、もちろん、人を睨みつけるようなことが出来る性格ではありません。

なのに、
「私も悪かったんよ。話し合ってる時、真顔になってたから、それが誤解されたのかもしれない・・・」と反省してました。


これって、よくある話でしょ?

問題のある人のほうが被害者面して、いい人のほうが猛省するパターン。

毒を吐く人って、躊躇なく相手を攻撃します。
ただ、自分を正当化するため、自分を守るために。
相手がどんなに傷つくかなんて、これっぽっちも考えてません。

一方、Aちゃんは、深い傷を負い、自分を責め、社員さんや他の支店のスタッフさんから白い目で見られてるんじゃないかと思うと、気持ちがふさぎ込みました。
しばらく、食欲もなくなり、寝つかれない日が続いたそうです。

話を聞いてた私たちは、

「新しい職場でも、そのうち、同じようなことが起こるよ。今は何も言わず、いつも通りにしてれば、みんな解ってくれる日が絶対来るって!」

「Bさんが自ら去ってくれてストレスから解放されたし、職場の雰囲気もよくなったんでしょ?結果オーライかもよ」

そう口々に励ましました。


とりライン


毒を吐く人。
ああ、そう言えば、いたいた、いるいる。
絶対、ひとりやふたり、思い当たる人がいますよね。

私もいました。
元夫です。







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!


にほんブログ村



【 2019/04/22 (Mon) 】 | TB(-) | CM(6)

被害の大きかった『呉』が舞台、今夜放送『この世界の片隅に』

15日夜9時から、こうの史代さん原作『この世界の片隅に』がスタートします。

主演は松坂桃李さんと、オーディションで3000人の中から選ばれた松本穂香さん。

監督は、土井裕泰(どいのぶひろ)氏。

最近では、『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』などを手掛けていらっしゃいます。

実は、長男の時のママ友さん(といっても私は途中で引っ越したので1回カラオケに行ったくらいなんですが…)の弟さんなんだそうです。
20年以上前、『愛していると言ってくれ』の監督をされたのだと友達から聞いた時は、超ビックリしました。


脚本、岡田惠和(おかだよしかず)氏

代表作『ちゅらさん』『ひよっこ』『最後から二番目の恋』など多数。


土井監督と岡田氏は、あの名作映画『いま、会いに行きます』でタッグを組み、たくさんの賞も獲ってます。


音楽は、久石譲氏。


キャストもスタッフも、そうそうたるメンバーを揃えた感があります。


そして、
奇しくも、今回の西日本豪雨で被害の大きかった「呉」が舞台です。



ドラマは、戦時下において健気に生きた市井の人々の暮らしを描いてるようです。
(原作はずいぶん前に読んだんですが、あまり覚えてない・・・(^_^;))

私は豪雨被害に遭ってないので、単純に、このドラマと今回の被災者の方を重ねてしまいました。
(現実は、そんな簡単なものじゃないはずです)

大切な人やかけがえのないものを失ったことをどう受け入れればいいのか、答えを模索する日々。
繰り返される自問自答と後悔。
これからのことを思うと、不安に押し潰されそうになる毎日。

何年か経って振り返った時、どうやって乗り越えたのか所どころしか覚えてないかもしれません。
あまりに、1日1日を懸命に生き過ぎて・・・

どうか、このドラマのサブタイトルである『いま向いている方が前なんだ』が、被災者の方に届きますように・・・

そして、呉では昨日から給水は再開しましたが、依然として広島呉道路は復旧の目途が立っていません。

土井監督は広島出身だし、撮影でも、広島、呉の街並みが存分に網羅されてるそうです。
このドラマが、呉市をはじめとする西日本の復興に繋がることを願っています。







もしも心に触れるところがありましたら、お手数ですがポチッとお願いします。とても嬉しいです!

にほんブログ村


【 2018/07/15 (Sun) 】 | TB(-) | CM(6)